Amazon’s choice (アマゾンズ チョイス)の取り方!

Amazon’s choice(アマゾンズ チョイス)が表示されるようになりましたね。このバッジが付くとセッションが増えたり成約率が上がったり売上に貢献する効果があります。そのため、Amazon’s choiceのバッジの獲得方法は、みなさん興味を持っているようです。 そこで、Amazon’s choiceの本当の役割や、このバッジの取得方法について解説したいと思います。 ①Amazon’s choice(アマゾンズ チョイス)とは! ②Amazon’s choiceの役割 ③このバッジの獲得方法とスーパーURL ①Amazon’s choice(アマゾンズ チョイス)とは! Amazon’s choiceが付くと。 目立つ!!! そして売れます。 成約率が高くなり、もちろんセッションも多くなります。 このバッジですが、なんと色々なキーワードで表示されます。 売れ筋商品とか、ストアフロントに入って各商品をクリックすると どのキーワードでAmazon’s choiceとっているか分かっちゃいます。 *ストアフロントから商品選択しないと見えませんからね。 *自然検索の場合はASINを入力しても見えちゃいます。 *赤枠内がAmazon’s choiceを獲得しているキーワードです。   つまり、、、 熱いキーワードも同時に分かっちゃうってことなんですけどね。 僕からすると、アマゾンズチョイスバッジは有効的なバッジを 教えてくれる機能だと思っています。笑 【注意】 ちなみに、この画像の商品を取り扱うと送料でとんでもない赤字になるので 手を出さないほうがいいですからね! ②Amazon’s choiceの役割 Amazon’s choiceを獲得すると ズバリ、Amazon’s choiceが付くと、アマゾンエコー(アレクサ)で 選んでもらえちゃいます。 *つまり、もっと売れちゃいます。 アマゾンエコー(アレクサ)は話しかけるだけで商品を 探してくれて購入までしてくれる非常に便利なシステムです。 ここで、、不思議に思いませんか? 何を基準にアマゾンが商品を選択しているのか、、、 アマゾンが勝手に商品を選択していたら 「アレクサ、トイレットペーパー」 とお願いして、1万円とかするトイレットペーパーがきたり 1個しか必要ない商品が突然100個とか届いてほしくないと思います。 そこでポイントとなることは、 一番良い商品(キーワードごとの一番安心感のある商品) をAmazonが(アマゾンエコーが)選択する必要があります。 そのため、ある一定のアルゴリズムを使いAmazon’s choiceをつけ その商品なら問題なく音声認識で購入されても提供できる品質と判断しています。 …

売上を上げるための秘策を知りたい方

昨日、サポートしているKさんが Amazon’s choiceを取得しました。 Kさんにお話をきいたところ、 Amazon’s choiceがついたときから、 売上は2倍~3倍になったということです。 こういった話を聞くと、 Amazon’s choiceにだけ 目がいってしまいがちですが、 実際にはAmazon’s choice だけでなく、 マーケットリサーチ スポンサープロダクト広告の理解 タイトル カテゴリー 商品特徴 商品画像 商品紹介コンテンツ 裏のキーワード 商品力 などが加わって 始めて売上がアップするのです。 確かにAmazon’s chioiceは 効果が高いかもしれませんが、 上記で上げた基本的な部分を 理解しお客様が求める基準をクリアしないと 効果が激減します。 しっかりと原理・原則を理解した上で、 Amazon’s choiceを活用していきましょう。 さて、売上を上げるのは Amazon’s choiceだけでなく、 他の部分もしっかりしていないといけない と理解している方だけにお知らせです。 「Amazon’s choice」 こちらを活用した売上アップ戦略 についてご興味ある方、 9/30(日)にセミナーを開催します。(東京都内) 定員30名ですが、既に22名参加申し込みがありました。 ご興味のある方はお早めに。 ↓ 9/30(日) セミナー詳細 —————————————————————————————- 【セミナー内容】 今回の目玉は「Amazon’s choice」となると思います。 どこまで公開するか分かりませんが 必ず役に立つと思います。 1部:内山 ・実践で表すOEM商品売れやすい商品の見つけ方 …

面白くないけど重要な内容!

本日は、色々やることがあり メルマガの内容が普通です。 1. ブランドレジストリについて勉強したこと ======== アマゾンは、ブランドを守るために ブランンドを持っている人たちが使い易いツールを用意する。 ブランドの持ち主はブランドの権利主張が出来る (ただし、独占販売権を主張するものではない)。 サポートも充実させる。 ======== とのことです。 2. カスタマーサポ