Amazon広告運用の
外注化を考えている方へ

シミュレーションして みましょう!!

AMAZSOLツールを使ってしっかりメンテナンスすれば、
売上に対して月5%以上の広告費改善は実現可能と考えます。外注化コストは15,000円※と想定。
(※ツール月額9,980円+外注コスト4,800円 ≒ 15,000円)

■上記条件でシミュレーション↓

例えば月商100万円、毎月50,000円(5%)不要な広告費が発生している場合

広告メンテナンスを放っていくと、無駄な費用がかさみます。しかし、外注化を進めれば、無駄な広告費の改善が見込まれます。

■月商が大きいほど、改善見込み額が上がります!

月商100万円以上、不要な広告費が5万円以上かかっている場合、外注コスト、ツールコストを考えても、 広告運用を外注化すると遥かにメリットがあります。

■早く外注化すれば、売上改善に繋がることに自分の時間を投資できます。

正直な話、月商が200万円を超えているのであれば
外注した方が遥かに売上改善のスピードが上がります。
なぜなら、商品開発や、マーケティング、販売戦略など、
売上改善に影響のあることに時間を費やすことができるからです。

月商を上げていくのに、どちらの方が早いと思いますか?

A:自分でメンテナンスを続ける

B:ツール+外注化し、時間を確保できた場合(イメージ)

※「作業」の時間を外注化することで、生産性の高い時間を確保できる!!

今の時代「PDCA」ではなく、「AAAA」
「Action!, Action!, Action!, Action!」
とにかく早く行動あるのみです。

もし、広告メンテナンス「作業」に時間がかかっているのであれば、即外注化し、もっと重要な商品開発やマーケティング、販売戦略に時間をかけましょう!

① 本当に外注して大丈夫?

AMZSOLツールをご利用ください。複雑な操作がなく、定期的にメンテナンスできます。使い方の動画もHPに掲載してあるので、オススメです。

毎週レポートを提出して貰えば、どのぐらいのアクセスがあり、どんなキーワードで購入しているかなど、また時期・曜日の傾向などが分かり、次の販売改善につながります。

② どんな作業を外注するの?

Amazon広告レポートとAMZSOLツールを使って、
メンテナンスしていきます。下記流れをご覧ください。

▼外注化の方法はこちらです▼ 

これら設定方法は動画、PDFにまとめて、HPに記載してあります。外注さんを雇ったら、「HPにある動画をみて」というだけで、操作してもらうことが可能なので、 教育の必要がありません。

▼下記お悩みの方にぴったりです▼

・月商200万円以上の方
(月商100〜200万円未満の方は、自身でツールを使った
メンテナンスでも良いと思います。)
・Amazon広告運用を自身で実施してみたけど、自分でメンテナンスするには時間が足りない。
・既に他の業務もある中、広告運用にかける時間がない
・商品開発やマーケティングに集中したい

③インハウスを意識していますか?

業務を外部の事業者などに発注せず、自社の組織や人員で運営する
「インハウス」。徐々に様々な企業が取り入れています。
外部に委託すると、任せた企業の実力が乏しい場合、自社で改善することが難しくなってきます。

しかし、社内に広告運用担当者をつけたり、もし予算的に難しければ、専属の外注さんを雇うことにより、インハウスは可能。広告メンテナンス状況などもすぐ聞きやすいので、戦略を変更したい場合に、すぐに対応することができ、早い時代の流れにも比較的対応しやすくなります。

④外注化で目指すところは?

Amazon広告で重要なこと、
それは「継続安定した売上」です。

継続安定した売上は、日々の広告メンテナンスで決まるので、一度メンテナンスしただけでは不十分です。
検索キーワードは生き物なので、日々変わりますし、時期によりキーワードの入札単価も変わるため、調整が必要です。

と言っても、新しい商品を出品したり、
マーケティングもしなければいけないので、
「アカウントに張り付いている時間がない」という方、

これらを改善するために、
外注化することをオススメします。
(もちろん社内に運用担当者をつけて広告運用をお任せすることもできます。)

自分自身で全てやることは決して良いとは言えません。
せっかくAmazonに納品し、受注から顧客対応まで
自動化できているのに、
広告運用に時間を取られてはもったいなくないですか?AMZSOLを使った広告運用、その外注化を実現させる手助けとなれば幸いです。

AMAZSOLツールを使ってしっかりメンテナンスすれば、
売上に対して月5%以上の広告費改善は実現可能 と
考えます。外注化コストは15,000円※と想定。
(※ツール月額9,980円+外注コスト4,800円 ≒ 15,000円)

■上記条件でシミュレーション↓

例えば月商100万円、毎月50,000円(5%)
不要な広告費が発生している場合

広告メンテナンスを放っていくと、無駄な費用がかさみます。しかし、外注化を進めれば、無駄な広告費の改善が見込まれます。

■月商が大きいほど、改善見込み額が上がります!

月商100万円以上、不要な広告費が5万円以上かかっている場合、外注コスト、ツールコストを考えても、 広告運用を外注化すると遥かにメリットがあります。

■早く外注化すれば、売上改善に繋がることに自分の時間を投資できます。

正直な話、月商が200万円を超えているのであれば
外注した方が遥かに売上改善のスピードが上がります。
なぜなら、商品開発や、マーケティング、販売戦略など、
売上改善に影響のあることに時間を費やすことができるからです。

月商を上げていくのに、どちらの方が早いと思いますか?

A:自分でメンテナンスを続ける

B:ツール+外注化し、時間を確保できた場合(イメージ)

※「作業」の時間を外注化することで、生産性の高い時間を確保できる!!

今の時代「PDCA」ではなく、「AAAA」
「Action!, Action!, Action!, Action!」
とにかく早く行動あるのみです。

もし、広告メンテナンス「作業」に時間がかかっているのであれば、即外注化し、もっと重要な商品開発やマーケティング、販売戦略に時間をかけましょう!

① 本当に外注して大丈夫?

AMZSOLツールをご利用ください。複雑な操作がなく、定期的にメンテナンスできます。使い方の動画もHPに掲載してあるので、オススメです。

毎週レポートを提出して貰えば、どのぐらいのアクセスがあり、どんなキーワードで購入しているかなど、また時期・曜日の傾向などが分かり、次の販売改善につながります。

② どんな作業を外注するの?

Amazon広告レポートとAMZSOLツールを使って、
メンテナンスしていきます。下記流れをご覧ください。

▼外注化の方法はこちらです▼ 

これら設定方法は動画、PDFにまとめて、HPに記載してあります。外注さんを雇ったら、「HPにある動画をみて」というだけで、操作してもらうことが可能なので、 教育の必要がありません。

▼下記お悩みの方にぴったりです▼

・月商200万円以上の方
(月商100〜200万円未満の方は、自身でツールを使った
メンテナンスでも良いと思います。)
・Amazon広告運用を自身で実施してみたけど、自分でメンテナンスするには時間が足りない。
・既に他の業務もある中、広告運用にかける時間がない
・商品開発やマーケティングに集中したい

③インハウスを意識していますか?

業務を外部の事業者などに発注せず、自社の組織や人員で運営する
「インハウス」。徐々に様々な企業が取り入れています。
外部に委託すると、任せた企業の実力が乏しい場合、自社で改善することが難しくなってきます。

しかし、社内に広告運用担当者をつけたり、もし予算的に難しければ、専属の外注さんを雇うことにより、インハウスは可能。広告メンテナンス状況などもすぐ聞きやすいので、戦略を変更したい場合に、すぐに対応することができ、早い時代の流れにも比較的対応しやすくなります。

④外注化で目指すところは?

Amazon広告で重要なこと、
それは「継続安定した売上」です。

継続安定した売上は、日々の広告メンテナンスで決まるので、一度メンテナンスしただけでは不十分です。
検索キーワードは生き物なので、日々変わりますし、時期によりキーワードの入札単価も変わるため、調整が必要です。

と言っても、新しい商品を出品したり、
マーケティングもしなければいけないので、
「アカウントに張り付いている時間がない」という方、

これらを改善するために、
外注化することをオススメします。
(もちろん社内に運用担当者をつけて広告運用をお任せすることもできます。)

自分自身で全てやることは決して良いとは言えません。
せっかくAmazonに納品し、受注から顧客対応まで
自動化できているのに、
広告運用に時間を取られてはもったいなくないですか?AMZSOLを使った広告運用、その外注化を実現させる手助けとなれば幸いです。

© Copyright 2021年 J-wire株式会社. All Rights Reserved.