スポンサーブランド広告
の設定方法

スポンサーブランド広告とスポンサープロダクト広告の比較、特徴、メリットを纏めました!まだの方、Amazon内でのブランド価値を高めるため、ぜひ設定しましょう!

※ブランド登録している人だけ (商標を取得すれば登録できます!)

スポンサーブランド広告 まとめ
1)スポンサーブランド広告の特徴! スポンサープロダクト広告との比較!
2)スポンサーブランド広告 費用はどのぐらい?
3)これだけはやってはいけない!これはオススメ! スポンサーブランド広告の打ち方
4)スポンサーブランド広告の設定方法
5)AMZSOLを使ったメンテナンス方法

① スポンサーブランド広告の特徴! スポンサープロダクト広告との比較!

スポンサープロダクト広告 (キーワードあり)

スポンサーブランド広告 (キーワードなし)

スポンサープロダクトと違う!

アマゾンはキーワードを含んだURL
売れている順に「ほぼ表示します。」
→スポンサープロダクト広告:キーワード含む
→スポンサーブランド広告:キーワードなし
※ブランド広告もSEOに影響あります。
【スポンサープロダクトの役目】
→SEO対策(上位表示)
→アマゾンの認識がわかる。
→データが取得できる。

【スポンサーブランド広告の役目】
→外部の広告が入らないから自社の商品だけに 集中させることが出来る。成約率の向上
→ブランド価値の向上
→外部アクセスからの興味付け
→売り上げUPにつながる

【まとめ】 スポンサープロダクト VS スポンサーブランド

・キーワードの取得あり SEOに影響がある。
・広告上位に表示されれば、
インプレッション、
クリックをたくさん貰う。
CV率を見る。
・キーワードの取得はないが、 EOにも影響する。
・インプレッション、
クリックをたくさん貰う。
CV率よりも費用対効果 ・Amazon 外部からの流入
(Googleなど)反応がある

② スポンサーブランド広告 費用はどのぐらい?

スポンサープロダクト広告
キーワード検索での適正位置を見る。
(成約率ベース) 
成約率高い → そのキーワードでSEO対策


■スポンサーブランド広告 ブランド価値、認知を高める広告
(費用対効果ベース)
全期間で使った金額に対しての売上をみる。



【スポンサーブランド広告設定の流れ】

1)スポンサープロダクト広告で
 CVがあるキーワードを抽出
2)完全、フレーズ、部分一致で設定
(金額に差をつける)
3)費用を決める
(例)「1キーワード:3,000円」
 3,000円でCVなし→停止


※キーワードの成約率が高くても、SEOには関係しない。広告の費用と売上の効果で判断しましょう。


▲▲注意▲▲ スポンサーブランド広告を設定するには
ブランド登録が必要です。
→商標を取れば申請可能

 

③ これだけはやってはいけない!これはオススメ! スポンサーブランド広告の打ち方

1)商品に関連したキーワード(もしくは少し関連ある)のみで広告キャンペーンを設定する。
○ キーワード「やかん」 → 商品は「やかん」のみ掲載 × キーワード「やかん」
→「やかん」、「トング」、「ボウル」
2)商品に関係ないキーワードで広告設定しない ×  キーワード「スマホ ホルダー wifi 充電」
 →「自転車 スマホ ホルダー」の商品掲載

※「スマホ ホルダー wifi 充電」に興味ある人は、 「自転車 スマホ ホルダー」のお客様になりそう というような考えで広告は打たない。 あくまで関連のあるキーワードで設定をする。
3)送客先はキーワードの類似一覧のページにして、少しでも費用対効果を高める。

キーワード「ヨガマットレス」



スポンサーブランド広告の目的はあくまで「認知」なのですが、少しでも費用対効果を高めることを考え、キーワードに関連あるページに送客した方が良いと思います。
※もしストアページにアクセスを集め、自分のブランドを認知させたいのであれば、安いクリック単価で広告を出すようにしましょう。
4)画像は「ロゴ」より、「商品画像」の方がクリックされやすい

※あくまで「認知」の広告ですが、ロゴを出すよりもキーワードにあった商品画像の方が認知されやすいです。

④ スポンサーブランド広告の設定方法

1)セラーセントラルの「キャンペーンを作成」ボタンを押す

2)スポンサーブランドを選択

3)キャンペーン名、期間、予算、広告の送客先を設定する 1日の予算は1000円以上がオススメ。

4)広告対象の商品を選択する。 (商品リストページに送客する場合は3点以上選択する)  一つのキャンペーンの中に、設定するキーワードと 広告対象商品は合わせる。 ※例 キーワード「靴」→商品「靴」「傘」「カッパ」  など、関係ない商品を一緒にしない。  

5)クリエイティブに画像、見出しテキストを入れる  ・画像はロゴより商品写真の方が良い ・美容・健康商品は見出しテキストも注意

6)ターゲティングを選択 ①キーワードターゲティング スポンサープロダクト広告で成約率の高い キーワードを設定するのがオススメ。

7)ターゲティングを選択 ②商品ターゲティング キーワード以外にも設定可能。

8)除外キーワード設定 スポンサープロダクト広告で売れないキーワードでも、認知を高めるために低いクリック単価で設定しても良いですね。

以上、終わったらキャンペーン作成し、完了です。

⑤ AMZSOLを使ったメンテナンス方法

広告メンテナンスに不安のある方!外注化に興味のある方! ============================= スポンサーブランド広告も AMZSOLツールでメンテナンス可能


下記スポンサーブランド 広告 【動画】効率よく露出を高める方法!で確認!
© Copyright 2021年 J-wire株式会社. All Rights Reserved.