【最新動画】クリスマス前にやっておくべき設定
2021年Amazon スポンサーディスプレイ広告設定

他の広告設定も見逃さない!
Amazonスポンサープロダクト広告
Amazon スポンサーブランド広告

よくある個別ZOOMセミナーの”ただのノウハウ”ではなく

「実際に私たちが運用で実践しているやり方」をお伝えします。

【このセミナーで学べること】

*ただし、入札単価や1日の予算は商品、カテゴリによって異なるため アドバイスが難しいことをご理解ください。

たった2つのポイントだけでAmazonスポンサー ディスプレイ 広告の成果が120%アップする方法

amazon display 広告

2021年、最近追加されたamazon スポンサー display広告ですが、思ったよりパフォーマンスが良いです。

ちゃんとメンテナンスを実施すると非常に良い結果につながりますので参考にしてみてください。

Amazon スポンサーディスプレイ広告とは?

Amazon内外で商品の見込み客にアピールすることで、
Amazonにおけるブランドの成長を後押しします。
ディスプレイ広告キャンペーンを利用すれば、
数分でアマゾンの内外にいるビジネスのターゲットにリーチできます。

 

Amazon スポンサー display広告の設定

商品ターゲティング

商品ターゲティングは類似した商品やカテゴリーを見ているオーディエンスに商品を宣伝できるので、商品の検討やクロスセルを促進することができます。

 広告が表示されるのはAmazonの商品詳細ページで、商品ターゲティングは対象となる商品のカテゴリーやカテゴリー内の商品をターゲットに設定することができます。

ターゲティングの絞り込みは「価格」「レビューの星の数」「ブランド名」「プライムの利用資格」などで行うことができます。

 

こんな設定方法が出来ちゃう オススメ①:オートのasinで売れている商品に表示
  オススメ②:自社のアイテムの中で紹介
  オススメ③:プライムデーの前日にたくさんの表示を獲得する(購入商品が決まっていない人に画像で紹介する)

 

オーディエンス
オーディエンスはアマゾン内外で関連性の高い購入者にリーチすることが出来るので、商品を見たお客様や新規のお客様にアピールすることができます。

 

こんな設定ができちゃう オススメ①:コンバージョンを優先しルックバックの設定
  オススメ②:カテゴリでとにかくリマーケット
  オススメ③:認知を深めたい場合は、Drive Trafficを選択

 

購入者にリーチする方法としてはカスタムビルドオーディエンスかAmazonオーディエンスがあります。
カスタムビルドオーディエンスでは、カスタマイズ可能な条件からより購入の可能性が高いユーザーや新規のユーザーにリーチすることが可能です。閲覧リマーケティングなどを利用でき、レビューの評価などで絞り込むなどのカスタマイズができます。
Amazonオーディエンスでは、すでに構築されているセグメントによってオーディエンスにアプローチすることが可能です。
様々なファーストパーティからのシグナルに基づいて、興味関心やライフスタイルなどのオーディエンスを選ぶことができます。

© Copyright 2021年 J-wire株式会社. All Rights Reserved.