J-wire株式会社

One Week

Two Week

  • 1.アマゾンスポンサープロダクト広告の用語解説
  • 2.アマゾンスポンサープロダクト広告で理解必須用語2
  • 3.除外設定の仕方見分け方
  • 4.アマゾン広告(スポンサープロダクト)お勧めのキャンペーン構成
  • 5.アマゾンの上位表示理論
  • 6.広告の設定でアマゾンに好かれる
アマゾン スポンサープロダクト広告:本格的に始める前に!

アマゾンスポンサー広告に入る前に知っておくべき「ビジネス戦略」があります。広告だけ行えばアマゾンの販売がうまくという訳ではありません。



手順としては①商品選定、②検索ボリュームの確認③競合ライバルの確認、④価格、⑤仕入れおよび商品開発⑥カタログの作成、良い写真の設定、⑦広告の設定



そもそも売れない商品を販売しても絶対売れません。



必ず一番重要なこととして、売れる商品を選定したうえで以降の工程に着手してください。ビジネスを運用する場合、生産管理、在庫理、品質管理など販売以外にも管理するべき項目も少なくない。




① 商品選定

そもそも、商品選定こそがビジネスのスタートです。必ず売れている商品と同等の商品を選定するようにしてください。

実際に売れている商品であるか参入する前に必ず確認してください。売れている商品か否かは、類似商品の在庫変動を確認すれば商品自体がマーケットで購入される商品(需要があるか)か必ず確認してください。

在庫が変動している=販売されたため在庫が減っている。在庫の変動はツールを使うことで正確な在庫変動数および価格を追跡することが可能です。

在庫変動の確認ツールを利用

*上記は弊社が開発した在庫追跡ツールです。

1ヶ月のスパンで在庫変動、販売価格、ベストセラーランクを追跡します。そのため1商品での月間売上(販売価格×在庫変動数)を計算することが出来ます。
つまり、自分が参入したときの売上目処を立てることが出来きるため参入前には必ず確認するようにしてください。

たとえば1,000円の利益を生む商品でも1ヶ月、10個しか販売出来ない商品であれば1ヶ月10,000円の利益しか出来ません。最低でも100個は販売しなければビジネスとしてなりたたないため必ず100個以上販売出来る商品を選択してください。(私が推奨する商品選択は利益7~10万円/月)400円くらいの利益で月200個以上売れる商品を選択するのがビジネスとして楽しく運用出来る目安としています。

② 検索ボリュームの確認

キーワードの検索ボリュームを確認することは必要不可欠です。下記がキーワードの検索数を確認出来るツールです。

https://amzsol.club/
こちらは有料ですが1年をとおして平均の月間の検索ボリュームを確認できます。
人が物を購入する前に必ず「キーワード」を使い検索エンジンで物を探します。つまり「キーワード」の検索ボリューム=探されている商品という可能性が高いことになります

現在、日本人セラーのほとんどはベストセラーランクや在庫数の変動を確認し検索ボリュームの確認を見落としがちですが市場規模(Amazonで商品を購入する潜在的な見込み客数)を判断するためには検索ボリュームの確認が必要不可欠ということが分かります。
在庫変動の確認 = 実績(購買意欲が大きい商品か確認できる)
検索ボリュームの確認 = 潜在的見込み客数

例えば「湯たんぽ」で検索した場合、下図のような表示になります。

年間の検索ボリューム回数は:8,100 回
また、検索されている関連キーワードも表示してくれるため参考になります。


このように市場で検索されているキーワードの検索ボリュームを参考とし求められている商品か確認することが出来ます。また、スポンサープロダクト広告を開始しても検索ボリュームが少ないキーワードでは露出される回数(インプレッション)も少なくなることが予想できます。

③ 競合ライバルの確認

詳細は後ほど説明しますがライバルが多い分野か少ない分野か必ず確認する必要があります。
ライバルの強さは
・商品ページの作り込みや写真の撮り方
・広告の表示方法(良い場所に表示されているか、タイトルはしっかり付けられているか、正しいカテゴリを選択しているか)
確認するだけで強いライバルか弱いライバルか判断することも可能です。基本的に上手にスポンサープロダクトを表示しているライバルは多く存在しません。


上記は、キーワードに対して良い位置に広告が表示されています。また、タイトルも広告に適した表示になっているため購入される確率が高いことが予想できます。この本の中で記載されている注意点をしっかり実行しているセラーは競合であるため競わないことを推奨します。

④ 価格


Amazonで販売する場合、価格は重要な要素です。とくに類似商品が販売されている場合、価格競争になる可能性があります。どんなに商品力に自信があっても最初の検索結果では「写真」「タイトル」「価格」で比較されてしまい比較の土俵に立てない可能性があります。必ずライバルに勝てる価格で勝負できる商品を選択してください。
下図はAmazonで「湯たんぽ」を実際に検索した結果です。商品の詳細ページに入る前に「写真」「タイトル」「価格」で比較できる表示となることが分かります。

⑤ 仕入れ、および商品開発

上記の①〜④で自社の商品が市場で求められていること、またライバルに負けていない商品であることを確認したうえで仕入れ、および開発を開始してください。
上記の①〜④の手順を行わず商品を仕入れてしまう方は、スポンサープロダクトで広告しても十分な効果を発揮できない(広告で表示されない、売れない)ことがあります。必ず探されている、求められている商品をライバルに負けない価格で提供できる状態で参入することを心がけてください。

⑥ 商品カタログの作成、写真の準備

商品カタログの作成を行ううえで一番重要なことは下記のとおりです。
① タイトル:非常に重要です。キーワード、およびキーワードの並びなど注意する必要があります。また、タイトルには検索ボリュームが多く、かつ成約率も高いキーワードをしっかり入れる必要があります。
② カテゴリ:アマゾンが推奨するカテゴリを選択しないと広告自体表示されません。結構見落としがちですが関連するカテゴリを選択することはタイトルと同じくらい重要度が高い事項です。
③ 商品情報:アマゾンは下記の赤枠内を基本的に読むため重要なキーワードは、ここに入れ込むよ