売上がアップし、正のスパイラルへ!

==========================================================  ”3日で効果を実感し、売上アップさせるAmazon広告” 売上アップには広告設定の見直しがキモです。 設定を変更した結果、 売上がグングンアップしています。 ↓↓↓ http://buzzlogic.site/image_amz/g1.png 今、もっとも売上アップの効果が高い方法について、 その全てを暴露します。 ご興味ある方はこちら ↓↓↓ 3日間で効果を実感! AMAZON広告のすべてをマスターできる! 【Amazon広告完全マスター 実践セミナー&説明会(東京・大阪開催)】 https://www.j-wire.info/seminar/seminar.amp.html ※満員御礼のお知らせ 3/8 14:00~ 東京 3/15 10:00~ 大阪 定員に達しました。お礼申し上げます。 ありがとうございます。 ========================================================== 昨日お話ししたKさん 売上が安定してきたので、次のステップへ。 以前は、 「まだ画像を業者に依頼するレベルではない」 というところからのスタートだったのですが、 売上が安定してきたので、 「画像業者はどこが良いですかね?」 という質問が思わず出てしまうように。 「画像」大事です。 もちろんわかっていると思いますが、 「本当に画像を変えたら売上ってアップするの?」 という懐疑心があるので、 なかなか良い画像を依頼することが難しい。 でも、売れるようになると、 効果がわかってくると、 もっともっと追求したくなります。 そして、追求すると、 もっと売れるようになる。 この正のスパイラルの決め手となったのは、 やはり「広告」。 それも「スポンサープロダクト広告」です。 大口出品者でカートを取っていれば、 誰でも手軽に スポンサープロダクト広告を打つことができます。 スポンサープロダクト広告を 「正しく」打てば、 売上がアップしていきます。 そして、売上がアップすることを 肌で実感できると、 次をもっと突き詰めたくなります。 ぜひこの感覚をあなたも感じてください。 【Amazon広告完全マスター 実践セミナー&説明会(東京・大阪開催)】 https://www.j-wire.info/seminar/seminar.amp.html …

広告費がかかりすぎているときはどうする?

広告ブロッカーって知ってますか? 名前の通り、広告をブロックするものです。 僕が最近見つけて使用しているのが、 youtubeの広告ブロッカー 広告をみるとちょっとうざいと思うことがあるので、 非常に便利ですね。 ただ、そもそも広告をうざい と思うことって不思議だなと思います。 こちらからすると、 あなたにお勧めなのはこれですよ。 と教えているのに、 受けては うざい と思っているんですね。 全てではないんですが、 広告って結構嫌がられるケースが多いかもしれません。 せっかくお金もかけているので、 ターゲットに会う広告を なるべく出してあげたいですね。 という、前提を踏まえて、ちょっとAmazonの話。 Amazon販売について相談される方で、 広告費がかかり過ぎている、 と嘆いているかもしれませんが、 これはちょっと視点を変えると 凄いことです。 なぜなら、それだけクリックされている ➡お客様の興味を集めているからです。 そして、そのクリックされるまでに たくさん表示してくれている。 ➡Amazonがその広告を売れると思って 表示してくれているということだからです。 通常、お客様は広告を嫌います。 自分と関係ない情報がほとんどだからです。 ツールで広告ブロッカーというものが あるぐらいです。 お客様も暇ではないので、 興味のあるものでなければ、 なかなかクリックしてくれません。 そして、Amazonも広告枠をただ提供しているわけではなく、 より、広告収入を生める広告を優先すると思います。 なので、広告費がかかっているのは 一時的な問題かもしれませんが、 これは角度を変えれば お客様にしっかりとみられている ということです。 そして、ちょっと広告を調整すれば、 売れるということです。 そもそもクリックされている ということは、商品に興味がある可能性があるからです。 もし、広告費がかかりすぎている、 という場合、すぐ辞めるのではなく、 ちょっと視点を変えてみるようにしてください。 視点を変えて売上を伸ばす方法については、 セミナー等でお伝えしているので、 ご興味あればぜひご参加ください。 …

あなたは広告でこんな間違いをしていませんか?

昔、友達と地元の居酒屋で飲んでいたときのこと いつかは独立したいと語っていた友達。 何をしたいの?、と聞くと 「就活支援コンサルタント」をやりたいと、 昔、職業について 悩んでいたので、 悩んでいる人も多く、 需要はあるだろう、とのこと。 僕も学生のころ、大学の就職相談で 相談したことがあるので、 需要は多いかもしれない、 と思いましたが、 相談云々よりも、 もし無事就職がうまくいったら その後どうするのかな? と感じました。 就職したい、という需要はありますが、 無事コンサルが成功した後、 その後はどうするの? もう就職したから次に繋がらないよね。 と、突っ込みを入れてしまいました。 夢をつぶすのは良くないですが、 やはり方向性はすごく大事なので、 この対策も考えてもらって頑張ってほしいと思います。 例えば、就職活動ノウハウを蓄積する、 という部分に力を入れるのも大事ですが、 実際に求職者の受け入れ先候補を用意しておく、など こういう部分に力を入れた方が良いような気がします。 頑張る方向を間違えてはいけないですね。 Amazonでも同じですね。 売り方を考えないととんでもない方向になってしまいます。 例えば、トイレットペーパーを売っていきたいとしましょう。 Amazonで売りたい場合、 どうやって売っていきますか? Amazonでは出品してもそもそもいきなり表示されないので、 「トイレットペーパー」で広告設定して、 販売していくのではないかと思われます。 「トイレットペーパー」が欲しい人は 「トイレットペーパー」と検索してくる可能性が高いからです。 でも、これってみんな考えますよね? なので、当然みんな「トイレットペーパー」 で広告設定をします。 「トイレットペーパー」で 完全一致で強く表示させよう。 と思って広告表示すると ど