J-wire株式会社

Amazon スポンサー プロダクト 非表示 理由とその解決方法 ※アマゾン 広告打ち始め

この記事の対象の方

・広告費を設定しているのに、全く表示されない、
・あるいは1ページ目に表示させたいのに、
2ページ目以降に表示されてしまう。

↓Amazon スポンサー プロダクト 非表示 理由とその解決方法はこちら

先日東京でセミナーをした時の話。
「スポンサープロダクト広告を打っていますか?」
という質問については「はい」という声が多かったのですが、

「自分の広告が、どんなキーワードで何ページ目に表示されていますか?」
という質問については、
よくわからない、見ていない、という回答があり、驚きました。

セミナーに訪れている方だけでなく、
実際に広告の掲載場所、掲載順位を意識しないで、
広告を表示させている人は少なくありません。

ただ、広告というお金をかける以上は、
どこに広告を打っていくべきかを考える必要がありますし、
狙った場所に広告が表示されているかについても確認し、
表示されていない場合は表示されない原因を突き止め、
表示させる方法について考える必要があります。

Amazon スポンサー プロダクト 非表示になって広告が表示されない理由

①Amazon スポンサープロダクト広告の1日の広告予算に達してしまっている
②スポンサープロダクト広告のクリック単価がそもそも足りていない
③狙っているキーワードの検索ボリュームが少ない
④広告の検索キーワードと商品ページの内容があっていない
⑤商品登録の「キーワード」にキーワードを詰め込みすぎている
⑥アマゾンが推奨するカテゴリーでスポンサープロダクト広告が打たれていない(これ重要)

一つずつ原因を見ていきましょう。


①1日の広告予算に達してしまっている

一つのキャンペーンには1日の予算が設定できますが、
キャンペーンの予算が少なすぎたり、
クリック単価が高いと、
すぐ予算が達成され、広告配信がストップします。

1日100円からキャンペーン予算を設定できますが、
最近、アマゾンのクリック単価は高騰しており、
クリック単価50円〜200円程度なので、
(商品やキーワードにより異なります。)
まずは1日の予算を1000円程度に設定し、
配信状況を確認すると良いと思います。


②クリック単価がそもそも足りていない

アマゾンの広告のルールとして、
表示される広告は「入札制」となっています。

例えば、Aさん、Bさんとも、
同じキーワード「犬 ベッド」で設定し、
クリック単価が
Aさん:50円(2位)
Bさん:100円(1位)
の場合、Bさんが優先して表示されます。

※この時、Bさんのクリック単価は、
100円ではなく、2位50円+1円となり、
Bさんのクリック単価は51円となります。

このクリック単価の広告費用が足りていないと、
Bさんが優先され、AさんはBさんよりも後ろになります。

クリック単価が安いと、広告表示が後ろになります。
そして、基本的にページ数が後ろの方になると、
お客様に見られる確率が下がるので、
表示される可能性が低くなります。

もし、しっかりと露出したい場合、
ある程度の金額クリック単価を設定しましょう。


③狙っているキーワードの検索ボリュームが少ない

マニュアルターゲティングを使っている場合、
自分の狙っているキーワードがそもそも検索ボリュームが少ないと、
そもそも検索されないので、広告費をかけても表示されない、
ということが起きます。

もう少し抽象的なキーワードを設定し露出を高める。
完全一致で設定している場合、フレーズ一致、部分一致も取り入れ、設定してみる。
別のキーワードを設定し、露出をする。
アマゾンのオートターゲティングを設定し、キーワードを抽出する。

特に、オートターゲティングについては
自分では想像もつかないキーワードを引っ張ってくることがあります。
ぜひ挑戦してみてください。


④検索キーワードと商品ページの内容があっていない

非常に少ないケースですが、
検索したキーワードと商品ページの内容(タイトル、商品特徴)
に関連性がないと、広告表示されません。

基本的にタイトルのキーワードを広告設定すれば、
配信自体はされるので、一度見直してください。


⑤商品登録の「キーワード」にキーワードを詰め込みすぎている

たくさん表示させようと、商品登録の際の「キーワード」の部分に、
たくさんキーワードを盛り込もうとする方がいますが、
あまり詰め込みすぎると、そもそも検索しても表示されなくなります。

商品登録の「キーワード」の部分の設定は
本当に上位表示させたいものだけにしましょう。


⑥アマゾンが推奨するカテゴリーで広告が打たれていない

稀に、出品カテゴローをズラし出品する方がいますが、ご注意ください。

というのも、自分が出品する商品のキーワードをアマゾンで検索した時、
左上のカテゴリーにないカテゴリーで出品した場合、
広告表示がされません。

広告を配信する際は、
アマゾンが推奨するカテゴリーを入れるようにしましょう。


最後に、、、

広告を打った際には、
必ず、自分の広告がどこに表示されているかを確認しましょう。

「オートターゲティングを設定し、
なんとなく広告効果がありそうだから打っている。」
という方、注意が必要です。

オートターゲティングというのは、
「アマゾンが効果のある広告をアマゾンが選んで打ってくれている」
と思っている方、一度広告レポートをダウンロードしてください。

「え?」こんなキーワードで広告打っているの?
と驚くと思います。
しかも広告費用が高いです。

 

ここからは、ちょっと、昔の情報です。

この情報を見てわからないことはすぐに確認してください。

しっかりと時間を確保して「売り上げを拡大する方法」、
「伸び悩んでいる売り上げの改善」をテーマに個々に相談させていただきます。

無料説明会まで、
今悩んでいることや一番改善したい内容を
整理し明確にしていただけると、
より内容の濃い時間になると思います是非ご協力ください。

さて、
今回のテーマである、Amazon での売り上げの拡大方法は、
なんだかんだ言ってもコツがあります。

ちょっとだけ魔法のような手法もあります。
広告であったり、SEOであったりと。。。

売れる仕組みというのは、もちろん買い手に
一番気に入ってもらえる商品を提供することが最も重要ですが、

それと同じくらいAmazonに気に入られることも重要です。
(Amazonで売り上げを上げるのですからね。)

それがアマゾンSEOです。
ご存知のとおり、アマゾンにはランキングがあり、
アマゾンに気に入られることでランキングを上げる方法があります。

しかも短期的に改善する方法と長期的に改善する方法が存在しています。
今回の説明会では、この両方の手法について説明いたします。

下記Line@から登録すると返信で動画URLが配られます。
友だち追加

 

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

おすすめ

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です