【広告レポートが日々教えてくれること】

こんばんはー! 先週、誕生日でした。 30歳になるあたりから・・・歳がいくつかわからなくなったのは私だけでしょうか。(汗 さて、誕生日といえば、 J-wireは10月に5周年を迎えます(^_-)-☆ いろいろと楽しすぎる企画などを考えていて、 毎日ニヤニヤしています。(〃艸〃)笑 個人事業主のときからを考えればもっと長いのですが、 日本の「企業の生存率」を調べてみると 1年後:40% 5年後:15% 10年後:6% 20年後:0.4% となっているようで、その原因は・・・ 販売不振   :69% 既往のしわ寄せ:13% 連鎖倒産   :6% 放漫経営   :5% その他    :7% 売上の減少が最大の問題であることはわかりますが、販売不振も既往のしわ寄せも、ある日突然やってくるわけではありませんので、 日々どう対策していくのか、 J-wireも15%に入ったわけですが、 これを読んでくれている皆様も20年後の0.4%に入りましょうね!! 日々の広告メンテナンスもそうですが、日々のデータをみていくことはとっても大事です。 データといえば、 広告レポートということで、 広告レポートが日々教えてくれることについて考えてみます。 ただただACOSを見てるだけじゃーーーー売上はUPしません。 「お客様の購⼊⼼理を理解する 広告レポートを⾒ればそれがわかる」 by 内山剛臣 というように、 広告レポートはいろいろなことを教えてくれます。 今回は、 【カスタマーの検索キーワード】 についてお話していきますね。 カスタマーの検索キーワードって何? というと、 【お客様が実際に検索した言葉】 なのですが、 もっというと、 【自分の商品を認識しやすい言葉】 この検索キーワードを見れば、 お客様が自分の商品をどう認識しているのかがわかります。 ということは、 こちらを見てみることで、 【自分の商品がお客様にどう見えているのか】 という見方をすることもできる。 たとえば、「自分の商品はおしゃれなペンケースだ!」 と思っていたとしても、 「ペンケース おしゃれ」 ではなく、 「ペンケース …

【広告精査するほどに陥るワナ】

早速ですが、 「インプレッションってなんですか?」 と聞かれたらなんて答えますか? 今日は、当たり前だけど でもなんだかふわっとしている 【インプレッション】 について、 お話していきたいと思います。 あーーー! そんなん分かってるからー! ってひと。 閉じないでください。笑 皆さんご存知の通り、 「広告の表示回数のこと」 ですが、 広告を精査すればするほど、 無駄を極力省きたい!! 除外、入札単価を下げて下げて・・・ とやっていくと、 インプレッションが下がってしまい、売上も落ちてしまうことがあります。 でも、インプレッションを伸ばそうとすると、 インプレッションが伸びる=無駄なクリックも増えるのでは!? と躊躇してしまいます。 もうすでにいろんなキーワードで設定しているので、 ちょっとやだなぁ・・・ もうこれ以上広告費かけたくないしなぁ・・・ という風に思ってませんか? かくいう私もそう思ってました。 でもね、違うんです。 もちろんやみくもに多ければいいってもんじゃないですよ。 【見込み客】が多くいる場所(キーワード)で、 インプレッションを多くすれば、 必然的に、 欲しい人がたくさんいるので、 CVが起こる可能性がUPする。 もし、自分の商品がオシャレなアパレル商品だとして、 人が集まっている渋谷駅前で見せる。 のか、 カエルしかいないド田舎の田んぼのど真ん中で見せる。 のか・・・ だと、インプレッションが変わりそうですよね。 なので、【見込み客のいる場所、市場】の部分もちゃんと考える必要があります。 そもそも、人が多くいなければ始まりません。 でも、ここで終わってしまうと、 最初の インプレッションが伸びる=無駄なクリックも増える ということになります。 どういうことかというと、 人が集まっている渋谷駅前で見せる。 でも、いろんな人がいすぎて、 性別も、年齢も、好みも全然違うので、なかなか属性がそろわないですよね。 逆に言えば、 カエルさんに好まれるものを出せば、 カエルさんしかいないド田舎の田んぼのど真ん中で見せたほうが、 お客さんはカエルさんだけなので、売れやすいですよね。 …

Amazon’s choice (アマゾンズ チョイス)の取り方!

Amazon’s choice(アマゾンズ チョイス)が表示されるようになりましたね。このバッジが付くとセッションが増えたり成約率が上がったり売上に貢献する効果があります。そのため、Amazon’s choiceのバッジの獲得方法は、みなさん興味を持っているようです。 そこで、Amazon’s choiceの本当の役割や、このバッジの取得方法について解説したいと思います。 ①Amazon’s choice(アマゾンズ チョイス)とは! ②Amazon’s choiceの役割 ③このバッジの獲得方法とスーパーURL ①Amazon’s choice(アマゾンズ チョイス)とは! Amazon’s choiceが付くと。 目立つ!!! そして売れます。 成約率が高くなり、もちろんセッションも多くなります。 このバッジですが、なんと色々なキーワードで表示されます。 売れ筋商品とか、ストアフロントに入って各商品をクリックすると どのキーワードでAmazon’s choiceとっているか分かっちゃいます。 *ストアフロントから商品選択しないと見えませんからね。 *自然検索の場合はASINを入力しても見えちゃいます。 *赤枠内がAmazon’s choiceを獲得しているキーワードです。   つまり、、、 熱いキーワードも同時に分かっちゃうってことなんですけどね。 僕からすると、アマゾンズチョイスバッジは有効的なバッジを 教えてくれる機能だと思っています。笑 【注意】 ちなみに、この画像の商品を取り扱うと送料でとんでもない赤字になるので 手を出さないほうがいいですからね! ②Amazon’s choiceの役割 Amazon’s choiceを獲得すると ズバリ、Amazon’s choiceが付くと、アマゾンエコー(アレクサ)で 選んでもらえちゃいます。 *つまり、もっと売れちゃいます。 アマゾンエコー(アレクサ)は話しかけるだけで商品を 探してくれて購入までしてくれる非常に便利なシステムです。 ここで、、不思議に思いませんか? 何を基準にアマゾンが商品を選択しているのか、、、 アマゾンが勝手に商品を選択していたら 「アレクサ、トイレットペーパー」 とお願いして、1万円とかするトイレットペーパーがきたり 1個しか必要ない商品が突然100個とか届いてほしくないと思います。 そこでポイントとなることは、 一番良い商品(キーワードごとの一番安心感のある商品) をAmazonが(アマゾンエコーが)選択する必要があります。 そのため、ある一定のアルゴリズムを使いAmazon’s choiceをつけ その商品なら問題なく音声認識で購入