【え?Amazonサイト外部に広告が打てるってどういうこと?】

さあ、今回も最新情報をお届けします! アメリカAmazonの広告に新機能が追加されました! Amazonサイトの外部に広告を打つことができます! (ただ、現時点ではアメリカAmazonのみ) 外部に打つってどういうこと? 誰に打つことができるの? などなど、疑問がいっぱいだと思います。 そこで、現時点でわかっている情報を 動画でまとめました! ぜひご視聴ください。 見込みある人に広告を出す。 見込みのない人に広告を出さない。 広告で重要なことは シンプルにこれです。 難しいのが 見込みのある人、 をどう判断するかです。 広告を打っている方は この見込みのある人を どうやって見つけるか? 常に試行錯誤しております。 ところが、Amazon。 さすがですね。 限りなく見込みのある人 を探し、広告を出す方法が 組み込まれています。 詳細はぜひ動画をご視聴ください。

【美味しいキーワードの探し方、知りたくないですか?】

はい、いきなり結論! 「レビューのキーワード」 こちらご利用ください。 といってもそもそも論知ってますか? 画像に載せてあります。 ご確認ください。 ================== 気になるトピックのレビューを読もう ================== のキーワードですが、 結構美味しいキーワードが落ちてることがあります。 入れれるようにしましょう。 ここにあるキーワードは 検索ボリューム自体は多くないキーワードもあります。 (検索ボリュームが多い=アクセスがたくさん見込める) ただ、 ・検索されるキーワード より ・売れるキーワード の方が、効率的で理想できですよね。 レビューの中にあるキーワードは 購入者が気になるキーワードなので、 バッチリ広告を表示させた際には 興味を引くことができ、 商品ページまで呼び込める可能性が高いです。 まずは、自分の商品、ライバルの商品ページの 「気になるトピックのレビュー」 を覗いてみましょう!

スポンサープロダクト:キーワード除外を迷う時に知っておきたい3つの考え方

この記事の対象の方 Amazonの広告メンテナンスをする上で「キーワード除外を迷う時に知っておきたい3つの考え方」というテーマについて解説していきたいと思います。 現在、弊社では広告のコンサルやアカウント運用をさせていただいているんですが、多くの方からうける質問なので取り上げました。 今日お話しする内容はめちゃめちゃシンプルなので、 正直今日から実践できる内容だと思います。 この内容を続けていっていただければ、 無駄なキーワードはどんどん 除外できるようになるのはもちろんですが、 今までは、見逃していた 「実はよい働きをする優秀なキーワード」 も見つかることもあります。 ぜひ、除外について迷っている方、広告費がかかりすぎている方、広告費がかかっている割には売れない方は、最後まで読んでいただだけたらと思います。 さて、本日のテーマ「キーワード除外を迷う時に知っておきたい3つの考え方」シチュエーション別にお話していきます。 ①クリック20回以上でコンバージョンが0のシチュエーション ②クリック50回でコンバージョンが1のシチュエーション ③クリック20回未満でコンバージョンが0のシチュエーション ※ちなみにコンバージョンとは、成約の意味ですよね。 よく出てきますので覚えておいてください。 「 ①クリック20回以上でコンバージョンが0」の時、 まず一つ目のシチュエーション 「クリックされているけど売れてないキーワードの場合、どうするか? 結論からいうと、 「除外する」「除外しない」 の判断は商品とキーワードが「関連する」「関連しない」で判断してください。 例えば、 タブレットスタンドを販売し、広告を設定している時、 41回クリックされて、1回も購入されていない時です。 この状態で、見るべきは キーワードが商品と関連性があるかどうかです。 「タブレットスタンド」 「タブレット 充電器」 関連性はありますか?ありませんよね? 関連しない物は「除外」していきましょう。 一方でこんなケースもみたことがあると思います。 「タブレットスタンド」を販売していて 「タブレットスタンド」のキーワードで20回以上クリックされていて、 コンバージョンが0のとき、 めっちゃ迷いますよね。 だってそのもののキーワードじゃないですか。 これで売りたいのに売れない場合、 どうしたら良いか迷いますよね。 僕も迷いました。 この場合は、いきなり除外するのではなく、 まず、クリック単価を下げてみましょう。 今設定しているクリック単価の 5%〜10%下げてみて、1週間後に様子を見て、調整する。 見るところは クリック数とコンバージョン。 もしコンバージョンが起きている場合、 そのクリック単価で様子をみてみましょう。 もしコンバージョンが起きてない場合、 もっとクリック単価を下げていきましょう。 これを実施すると、 関連するキーワードでもコンバージョンにつながらない場合は、 …