J-wire株式会社

アマゾンPPCの戦略

先日アマゾンのPPCの戦略のセミナーを行いました。

簡単な資料を作成したのでシェアします。

 

確認するレポートはサーチタームのレポートです。

まずは、みなさんが検索している単語(サーチターム)を確認します。

サーチタームを確認する理由は、実際に検索されている単語が分かることと、その単語で自分が有利なポジショニングをとっていることが分かります。

 

 

ファイルをダウンロードすると

・キャンペーン名:広告グループの設定

・広告グループ名:広告グループの設定

・購入者の検索キーワード:検索されている単語

・キーワード:自分で設定した単語

・マッチタイプ:広告の種類(完全一致、フレーズ一致、部分一致)

・インプレッション:表示回数

・クリック数:クリックされた数

・クリック率:クリックされる率

・広告費用:費やした広告の金額

・平均クリック単価:平均のクリック単価

・ACoS:売り上げに対する広告の費用

 

コストをしっかり入力すると利益率を表示することができます。

別エクセルでしっかり管理しましょう。

 

ACoSでソートをかけると、悪いキーワードがすぐ分かります。

悪いキーワードは、マッチタイプを変更したり、ネガティブに入れたりして

価格を調整しましょう。

 

 

 

ネガティブキーワードとしてはASINがあるので

こちらもしっかり登録しておきましょう。

ASIN GRABBERというクロームのプラグインを入れるとライバルASINを一気に抜き取れます。

 

もし、キーワードをもっと展開したい場合は、

いろいろなツールを使いましょう。

おすすめは、

http://www.keywordtool.io/

 

だけど、下記ではAdwordsを紹介。

検証した感じでは上記のほうが良い感じでした。

 

 

PPCの戦略は、コストを抑え露出を多くするということになります。

本質は、全体需要をしっかりと確認して自分のポジショニングをとるというとこになるので、しっかり本質から入るようにしてください。

 

このセミナーの動画があるので見たい方は、コッソリ連絡ください。

 

内山剛臣

おすすめ

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です