危機感の欠如

危機感

最近よく物忘れが多い。。
先日あったのが取引先の倉庫でパソコンを持って
ちょっと在庫を見ていた時に、
うっかりそこにパソコンを置きっぱなしにして帰ってしまった。

「パソコンを置き忘れるなんてありえない」
仕事の大半をパソコンで行なっている僕としてはありえない行為だ。

でも現実に起きてしまった。
他のことに気を取られて、
気が抜けていた証拠ですね。

気が抜けていると危機感がなくなるので、
このようなうっかりミスが発生する。

ミス発生のほとんどが、
このうっかりとしたミスで起きてしまう。

今回のようなミスであれば比較的軽傷で済むけれども、
このようなミスをしている人間は
もっと大きなミスをする可能性を秘めているので、
しっかり注意しなければ、と反省しました。

まだパソコンがあったのでよかったのですが、
行きの車の中で「もしなかったらどうしよう、、、」
と不安になったり、移動時間だったり、
倉庫担当者との連絡で相手の時間も使ってしまったり気苦労をかけたりとか、
周りがいる場合ミスは相手も時間も使ってしまうので本当に注意しなければいけない。

これは日常の事ではなく、
ビジネスおいても同じことが言える。

「ほんとに大丈夫かな、しっかりと予定通り進んでるかな」
ただ毎日思って行動するだけで、
数字っていうのは変わってくると思う。

例えば
・毎日アマゾンのアカウントチェックする
・売り上げをしっかり見る
・広告をしっかりかけている方は広告をしっかり見る

そうすると変化があることがわかる。
その変化が一般的なものなのか、特別なものなのか。
判断にはある程度の実績なり経験が必要になるけれども、
でも毎日チェックしていればその差異を見つけることができる。

そしてその差異を見つけることができれば、
なんで違うんだろうと気づくことができ、
そこから自分でしっかりと調べ出して分析して
じゃあ次はこうやってみよう、と言う次の一手が生まれる。

結局はこの次の一手をまたやって繰り返して分析して反省して、
いわゆるPDCAサイクルを回すことが
売上を増加に繋がる。

これを体で覚えさせ、自然とPDCAサイクルを回すことは
時間がかかる行為かもしれないけれども、
本当に継続的に売り上げを上げていきたい場合は
危機感を持つこと
安心してはいけない
この2点をしっかりと持っていることが
どんなビジネスでも通用することだと思う。