【アマゾン 広告】※音声あり 広告費100%から広告費10%台になった驚異の方法

なんと100%だった広告費(ACOS)が
サポート開始後、
ACOS10%台まで減少。

さらにベストセラーも獲得し、
売上アップも達成した、
牧野優哉さんの音声インタビューはこちら↓
【音声インタビュー ※約17分】広告費100%から広告費10%台になった秘訣

具体的に売上をアップさせる方法は、
記事の最後でお伝えします。

ACOS100%、凄まじいですね。

ちなみに、ACOS(エーコス)とは、
ACOS=広告費/総売上です。

販売金額1,000円の商品に
広告費が1,000円かかったら、
1,000円/1,000円で
ACOS100%。

販売金額1,000円の商品に
広告費が500円かかったら、
500円/1,000円で
ACOS50%です。

基本的に、ACOSは
低い方が良いです。

こちらを聞いた方、
販売金額1,000円の商品に、
広告費1,000円なんて
かけるわけないでしょ。

とお考えの方も
いると思いますが、

実際に広告を設定している方で、
ACOS100%というのは、
そこまで珍しくないです。

なぜなら、
アマゾンのクリック単価は
現在高騰しており、

昔は5円、10円だった
クリック単価が、

今は50円〜200円、
もしくはそれ以上かかる
キーワードも存在します。

いいですか?
クリック単価200円。

5回クリックされたら
1000円です。

しかも、5回クリックされても
売れるわけではありません。

広告を配信しても売れないので、
広告を継続し、もっと予算をあげます。

ということが起こり、
ACOS100%という状態になるのです。

中にはACOS150%、200%
という方もいらっしゃいます。

広告を全く打ったことがない方、
ありえない、、と思うかもしれません。

もちろん、この方たちも
自分から100%、150%を
望んでいるわけではありません。

ただ、先ほども言ったように
現在アマゾン広告は
かなり高騰しており、

その気はないのに、
気づいたらACOS100%
ということは珍しくありません。

そんなに広告費がかかっては
商売にならない、と
広告を打つことをやめる方もいます。

ただ、そもそも
出品しただけでは売れないので、
広告を配信しているはずです。

その広告の配信を
止めたらどうなるのか。

当然広告からのアクセスが
なくなるので、
売上は広告配信前の
状態になってしまいます。

広告費をかけたら、
広告費用がかかりすぎるし、
広告を止めたら
売上が上がらない。

しかもその商品を探すのが、
ビックキーワードしかない場合、
広告を打つにも
クリック単価が高すぎて
どうしようもない。

では、
どうしたら売れるようになるのでしょうか?

それは、
「広告を販売だけに使わない」
ということです。

「?」

広告って露出を高め、
販売機会を増やすために
実施するのではないの?

と考えるかもしれませんが、
アマゾンの広告、
特にスポンサープロダクト広告
は他の広告とは違います。

細かい話は省略しますが、
こちらはSEOと密接な関係があるのです。

今言った話、
よくわからない、という方、
もっと詳しく聞きたいという方、

この考え方は、
非常に重要ですので、
理解できていない方は、
こちらのセミナーに参加し、
しっかりと理解してください。↓

【緊急!アマゾンスポンサー広告セミナー】
日時:8/5(日)13:00〜17:30
開催地: 東京都内

今の売上から一段階アップさせたい方は
絶対に効果があると言い切れるほどの
内容です。絶対参加してください。

【セミナー詳細URL】
アマゾンスポンサー広告 セミナー詳細

【出欠フォーム】
*参加を希望される方は下記からご連絡お願いします。