「売れなくなってきたかも」と思ったら確認してほしい場所

寒いですね。
去年も寒いと思っていましたが、
今年は本当に寒いです。

これも気温が去年よりも寒いのか、
自分の代謝が下がり、寒く感じてしまっているだけで、
実は去年と変わらないのか、
後者の場合、運動しないとですね。笑

こういう、そもそも周りの影響で変わるものと、
自分の影響で変わるものと
2種類あるとき、

え?どっちが原因?
ということってあると思います。
今回は「どっちが原因?」、って思ったときの確認方法について。

昨日Amazonで販売しているお客様から相談を受けました。

ちょっと売れなくなってきたかも、
と思っています。

季節ものを扱っているので、
そもそも、季節的な原因なのか。
自分の商品が売れなくなってきたのか、
ちょっとよくわからない、ということです。

結果的に、露出が少し減っていたので、
もう少し広告を強めた方が良いとアドバイスしました。

この季節要因で売れていないのか、
そもそも自分の商品が売れていないのか、
どのように確認すればよいでしょうか?

一つ見てほしいのが
ユニットセッション率です。

まず、ビジネスレポートから
・セッション
・注文数
この2つからユニットセッション率を出します。
(複数の商品、バリエーションなどの場合は注文数の合計/セッションの合計でユニットセッション率を出してください。)

これを売れている期間と
売れていない期間で調べてみます。

もし、売れている期間と
売れていない期間のユニットセッション率に
大幅な差がある場合、

例えば、
売れている期間のユニットセッション率が10%なのに、
売れていない期間が5%になっていたら、

これは季節要因ではなく、
売れなくなってきた可能性が高いと思います。

では売れなくなってきたのはなぜか
と考えます。

ユニットセッション率が大幅に下がっている場合は、
・商品の魅力が前ほどなくなってきた(悪いレビューなどもついてきたり)
・ライバルがもっと良い商品を出してきた
と主に2つの原因が考えられます。

でもユニットセッション率に大幅な下落がない場合、
セッションを高めれば、
売上は上がる可能性が高いです。

というように、
売れなくなってきた場合、
まず、ユニットセッション率を確認し、
どこに原因があるかを調べてみると、
面白いと思います。

そして、セッションを上げていく方法の一つが、
Amazonの広告ですね。
広告を使って自身のページにアクセスを呼びましょう。

もっと詳しい情報を聞きたい方は
セミナー等でお伝えしているので、
ご興味あればぜひご参加ください。

~お知らせ~
最新のAmazon広告設定方法をお伝えする
相談会を開催中。(2/1、2、3 東京 +追加2/8、9 東京開催)

※東京2/1(金)、2/2(土)、3(日)満席となりました。
ありがとうございます。
➡2/8(土)、2/9(日) 東京日程追加しました!

ご興味ある方はぜひ相談会にご参加ください。↓
【最新2019 AmazonSEO/PPC広告 相談会(名古屋・東京開催)】
参加費:3,000円

今回スポンサープロダクト広告について
4時間かけてみっちり行います。
ですので、広告に関してかなりマスターできます。

また、参加者には
この4時間の相談会内容を
纏めた広告徹底解説書(デジタル書籍)も