「売れるけど広告費をかけると利益が取れないです。」という悩みを解決し、売上をアップさせる方法

広告をかけると利益が取れないし、広告費を下げると売上が下がる
↓そんな悩みを解決した方法がこちら
音声インタビューはこちら

広告費をかけると売れる、
というのは当たり前の話。

問題なのは、広告費が高すぎて、
利益が減ってしまう、
という問題。

音声インタビューをいただいた
牧野さん。

広告費をある程度かけないと、
売れないことはわかっているのですが、

でも広告をかけると
広告費用が高騰し、
売れても利益が取れなくなってしまう。

この悩みを解決したのが、
「広告キーワードを細かく分析する」
ということです。

実は広告レポートを細かく見ていると、
自分はこれはアクセスが多いと思っているキーワード。
実際はクリックも多いキーワード、

だけれども、
なぜか購入されない、
購入確率が低いキーワード

が存在します。

これにお金をかけていると、
間違いなく広告費が食われるので、

広告をかけている割に、売上が上がらない、
もしくは売上が上がるけれども、

狙った利益が取れない

ということが起きます。

ではどうしたら
利益をとれるようになるのか?

それは、
利益の取れないキーワードに広告を打たずに
利益の取れるキーワードに広告を打つ
ことです。

シンプルですが、
とても重要な考え方です。

利益の取れるキーワードとは何か?

それは、広告費がそんなにかからないけど、
売上が上がるキーワードです。

1つの商品について例を出すと、
販売価格 3000円で利益が600円の商品だと、
広告費600円の場合は、利益「0」となります。

見ると笑っちゃう話かもしれませんが、
実際には600円の利益のでる商品に、
600円、いやそれ以上広告費をかけている方は
意外にもたくさんいます。

一方で、もし、広告費が300円で、
売上があがった場合。
利益は300円となります。

売上があがるキーワードというのは、
次も売り上げを上げてくれる可能性が高いので、
広告費をかければもっともっと売れるようになります。

この売上が上がるキーワードについて詳しく知りたい方、
↓ぜひこちらのセミナーにご参加ください。
https://1lejend.com/c/TkJW/EYWc/5Esiw/

■追伸1
いよいよホリデーシーズン。
物が売れます。

物が売れる仕組みを知っていると、
この時爆発的に売ることができます。

例えば、売れる場所に
しっかりと広告を設定する、とか

市場を見ていると、
まだまだ広告がうまく表示されていない部分
意外とありますね。

続きはLine@で↓
【AmazonSEO/PPC広告 Line@個別相談室】

今Line@に登録すると、
・Amazonで長期的に売れ続けるマーケティング動画 (60分)
・トップセラーだけが使う秘密のリンク動画(8分)
・90%以上のアマゾンセラーが知らないAmazon広告徹底解説書
を期間限定、無料でお渡しします。

また、本格的に相談したい方は
オンライン相談会も開催しております。

こちらも期間限定となっておりますので、
お申し込みの際は、お早めにお願いし