J-wire株式会社

0.4 Amazon 広告 運用 する前に注意すべき点

この記事の対象の方

・Amazon広告運用を始めて行う方
・広告運用をする商品がどのような商品かわからない方

昨日お客様からコメントをいただきました。

==========================================
1日100~300円価格をあげても売れ行きが好調で、
2回目の発注・200台をしたのですが
・・・省略・・・
在庫切れの危機です。
今のペースだと11月末に在庫切れなのですが、
・・・省略・・・
==========================================

正しく広告を売っていくと、
やはり売れるようになるのですが、
思ったよりも早く在庫が切れてしまう、
という問題があります。

予想よりも売れて在庫が切れてしまうのは
しょうがないことかもしれませんが、
在庫切れの期間はなるべく少ない方が良いですね。

せっかく売れるようになっても、
在庫切れだと広告が打てなくて、
SEOも落ちていってしまうので、

ただ、適切な広告と、
上位表示がされていれば
基本、売れていくのがAmazonです。

この感覚を掴んだら
ぜひ、もっともっとたくさん売れる商品に
挑戦していきましょう。

広告運用をするときに確認する3つのこと
①そもそも広告をかけるだけの需要があるか
②Amazonで出品している他のライバルをチェック
③自分の商品のキーワードを予想する

一つずつ原因を見ていきましょう。


①そもそも広告をかけるだけの需要があるか

売れる商品というのは特徴があります。

それは、「そもそも検索されている市場」
ということです。

当たり前ですが、
需要の少ない商品よりも
需要の多い商品の方が売れます。

そして、ネットでは
需要がある=検索キーワードのボリュームが
あるかどうか、で決まります。

例えば、「縄跳び」は
売れると思いますのでしょうか?

売れる?売れない?
これは仕入れや売り方にもよりますが、
ただ、需要のある商品であることは
間違いないです。

需要があるかどうかは
検索ボリュームを調べれば
わかります。

キーワードツール
https://keywordtool.io/amazon
(有料版 $88をおススメします。)

縄跳びで月間平均 約10万件の検索ボリュームがあります。

月ごとに見てみると、
1月には約30万件のボリュームがあります。

では次に、
〇〇はどうでしょうか?
〇〇の方が需要がありそうでしょうか?

イメージだとそうかもしれませんが、
実際に見てみると、違います。

実際にリサーチして調べる。
これは非常に大事なことです。

Amazonで売れているライバルと
類似したものを販売しようとしておりますが、
大事なのは検索ボリュームが一定以上あることなので、
検索ボリュームがあるかどうかは最初に調べるようにしてください。


②Amazonで出品している他のライバルをチェック

次にその検索ボリュームの多い商品の
検索キーワードを想像し、
実際にAmazonで検索して調べてみましょう。

Amazonで検索すると、
ほとんど、といってもよいほど、
ライバルが広告を出しております。

自分が広告を出した時、
必ずといっていいほど、
ライバルと比較されます。

なので、
自分がライバルと比較されたときに、
勝てる商品を出せるかどうか?

具体的には
・同等以上の仕様で
・適正価格で
・求められやすいデザイン

である必要があります。

この基準で商品を探してみましょう。


③自分の商品のキーワードを予想する

ボリュームもあり、
ライバルにも勝てそうな商品を見つけたら、
自分の商品が売れそうなキーワードを
探し出しましょう。

自分の商品のキーワードについては
キーワードツール
https://keywordtool.io/amazon
でも調べることができますし、

Amazonの検索ボックスで検索すると
サジェスト機能がついているので、
そこからキーワードを参考にするとよいと思います。

たとえば、「縄跳び」
とAmazonで検索すると、
・縄跳び 子供用
・縄跳び トレーニング用
などいろんなサジェストキーワードが
出てきます。

これらはAmazonで
既に検索されているキーワードなので、
売れそうなキーワードの候補に上げていきます。
(売れそうなキーワード=売れるキーワードではありませんので、ご注意を)

他にもライバルのタイトルや商品特徴から、
キーワードを調べたり、

google広告のキーワード抽出機能を使った
方法などもあります↓


最後に、、、

広告運用する前に
そもそも広告を打つに値する商品かどうか
を見極める必要があります。

もう一つ、冒頭にもお話ししましたが、
中国から輸入している方、
2019年中国旧正月「春節」
にご注意ください。

来年の2月の話ですが、
みなさん同じことを考えるので、
1月に注文が殺到します。

ということは、日程の確保を含めて、
一度工場側に
春節前の確認をとっておきましょう。

さて、ホリデーシーズンもまじかです。
物が売れます。
物が売れます。

そして適切な広告を打つと
もっと物が売れます。
もっと物が売れます。

ただし、広告を打てば売れることが
わかっている人たちが集まってくるので、
広告単価は高騰します。

オートでとりあえず丸投げ、という方、
まずいです。

正しいスポンサープロダクト広告を
売っていきましょう。

そんな正しいスポンサープロダクトを打ちたい方、
ぜひ下記特典サイトから、
7大特典を入手してください。

↓特典サイトです。
【期間限定! たった2か月で月収312万円から月商1240万円までアップさせた、AmazonSEO PPC広告戦略 特典サイト】

たった2か月で、
月商312万円から月商1240万円まで売上をアップさせた
スポンサープロダクト広告の秘密

↓↓↓


詳細はこちらをクリック

なんと、無料相談までやっています。

ズームというツールを使って自宅から相談を受講することが出来ます。
(こちらから送付するURLをクリックするだけで会話できるツールです)

この情報を見てわからないことはすぐに確認してください。

しっかりと時間を確保して「売り上げを拡大する方法」、
「伸び悩んでいる売り上げの改善」をテーマに個々に相談させていただきます。

無料説明会まで、
今悩んでいることや一番改善したい内容を
整理し明確にしていただけると、
より内容の濃い時間になると思います是非ご協力ください。

さて、
今回のテーマである、Amazon での売り上げの拡大方法は、
なんだかんだ言ってもコツがあります。

ちょっとだけ魔法のような手法もあります。
広告であったり、SEOであったりと。。。

売れる仕組みというのは、もちろん買い手に
一番気に入ってもらえる商品を提供することが最も重要ですが、

それと同じくらいAmazonに気に入られることも重要です。
(Amazonで売り上げを上げるのですからね。)

それがアマゾンSEOです。
ご存知のとおり、アマゾンにはランキングがあり、
アマゾンに気に入られることでランキングを上げる方法があります。

しかも短期的に改善する方法と長期的に改善する方法が存在しています。
今回の説明会では、この両方の手法について説明いたします。

今、悩んでいることの解決方法に繋がるか?あてはまるか?
などしっかりご検討いただけますと有難く存じます。

ちなみに上記内容(SEOってなんだ?って人でも)が分からない場合も
しっかり説明させていただきますので、ご安心ください。
全力で説明する気満々ですので楽しみに待っていてください。

連絡用(ズーム)のURLは、
個別相談会の前日にメールで案内させていただきます。
メールの確認は必ず行ってください。

もちろん無料では、お伝えできない情報もありますので、
ご理解いただけますと有難く存じます。

興味をお持ちの方には現在行っている具体的なサポート体制についても
案内させていただきますので楽しみにしていてください。


※メルマガ登録をして、
スポンサープロダクト広告についての
詳しい情報を受け取りたい方はこちら
↓↓↓

「起業・独立をしたい、自分で何かを始めたいけど、何をしたら良いかわからない」
昔、自分もそうでした。

そんな全く”0″から現在までの経験からこのメルマガでは起業・独立をしたい方、
自分で売上を上げる力をつけたい方に向けて、
有益な情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

昔に比べ、今では情報が溢れ返っております。
「稼ぐ」とネットで検索すれば次から次へといろんなビジネスの紹介ページが出てきます。

情報がありふれ、余計に「何をしたらいいのかわからない」方に向け、
体系的にお伝えし、ぜひ実力をつけていただければ幸いです。

本気で現状を変えたい方、ぜひビジネスメルマガを登録してください。


*上記にお名前、メールアドレスを入力後、下記ボタンをクリック

 

また、ただいまラインに登録すると
①アマゾンマーケットの調査に関する具体的な手法動画1時間
②上位表示に必要不可欠なスーパーURLとは
の動画をプレゼントしています。


下記Line@から登録すると返信で動画URLが配られます。
友だち追加

 

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

おすすめ

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です