【広告グループの予算をかけない方が売れる?】Amazon広告検証企画スタート!

こんばんは!
田代です。

『Amazon推奨の広告設定』に関する動画。
作成しました。

Amazon広告「学習機能」の効果
検証2日目の経過をお伝えします。
ぜひご覧ください。

/maxresdefault.jpg” />
※チャンネル登録、いいねもよろしくお願いします!

さて、本日は
「広告グループの予算をかけない方が売れる?」
というテーマでお伝えします。

いかがでしょう。
「広告グループの予算をかけた方が売れる」
と思っている方、多いのではないでしょうか?

自分も高い金額が優先されると思っていました。
しかし、結果は違っていました。(もちろん商品によります)

理由はいくつか考えられます。
商品により、購入されやすい場所がある。
入札単価だけによらない。
キーワード以外の場所で売れていて、相性が良いところに表示されていた。
など

この詳細はまた後日お伝えしますね。


広告の費用をある程度かければ売れると思っている心理


同じ広告を設定していても
うまくいく場合とうまくいかない場合
がいます。

なぜうまくいかないのでしょうか?
それにはちゃんと理由があります。

それは、
「自分の出したいところに広告を出している」
ということです。

「ここで売りたい!」
と思って広告予算をかけまくる

気持ちはわかります。正解ということももちろんあります。

ただ、実際は
「意外にこちらの方がパフォーマンスがよかった」
ということが多いにあります。

実際には自分が考えていたことと
違う場所の方が売れることもあります。


疑うことを忘れない。


その
「○○だと思ったことが、●●だった。」

「つまり自分が正しい、そうに決まっている
ということが実は間違っていることがある」

これは絶対に頭に入れないといけません。

なぜなら、
購入を検討している人が
いつ、どこで、どうやって商品を探すか、
完全に理解できないからです。

検索して探す人もいれば、
どこかの商品ページから探す人もいます。

Amazonで商品を探して購入する人もいれば、
Amazonじゃないところで、商品をみて購入する人もいます。

まずは、疑うことですね。
そして、疑ったら、確認作業を行うこと。
大事です。

また引き続き結果報告していきますので、
楽しみにしていてください。

P.S.
検証やってみて、結構楽しいです。
(もちろん楽しいで終わってはいけませんよ。笑)

でも、世の中どんどんアップデートされています。
Amazonの広告一つにしても、
徐々に精度も上がり、いろんな機能があります。

アメリカAmazonの広告も
徐々にパワーアップし、
Amazonの外側をターゲットにしている
そんな感じがします。(また後日お伝えします。)

自分が知らない間に
いろんなものがどんどん変化しています。
この変化に対応できるように
情報取得は常に忘れないでください。

今回のAmazon広告検証など、
鮮度の高い情報をFBグループで紹介してます。
こちら覗いてみてください↓
https://www.facebook.com/groups/242668816810902/

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

You may also like...