【Amazonと物販の進化に追いつくためには?】

おはようございます!
  
内山ちほです。
  
最近、Amazonの進化がすごいですね~。
・偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」をスタートしたり、
・偽造品犯罪対策チームを発足したり、
・ウーバーイーツのような会社に投資したり、
・マーケットプレイス出品者の情報を使って、競合する類似商品を販売したと問題視され、
米当局もアマゾンの商慣行を巡り、独占禁止法(反トラスト法)に関する調査したり、
(これは進化じゃないか・・・)
・20億ドルの気候変動ファンドを立ち上げたり(ざっくりですみません)
結構いろんな動きをしています。
  
特に、偽造品犯罪対策チームに関しては、
「やっとですか・・・」
という声も多いのかなと。
(J-wireラジオで少し解説してますのでそちらももしよろしければ。)
  
と、Amazonも進化しているのですが、
物販の進化には気づいていますか?
  
特に、
最近よく思うのが、
広告を打って、
一回買ってもらって、
それでいいのか?
  
ということで、
本日は、「消費者が本当に求めているのは○○化」のお話をしようかと思います。
  

Amazonの広告などは、
ブランドのファンを作るような広告の打ち方は難しいので、
一回買ってもらって終わり。
という近い状態を作ってしまいがちですが、
  
今は、世の中が思った以上に、
違う流れとなっています。
  
まず、第一に、
消費者は、「商品」を求めていないんです。
  
というのも、
かつて、日本も、人口が右肩上がりの成長社会だったので、
商品を出せばある程度売れた時代でした。
  
だから、消費者に商品を知ってもらい、一度だけ「買いたい」と思ってもらえば、
それでビジネスが成り立つことも多かったといいます。
  
しかし、人口が右肩下がりの成熟社会に突入し、
一度だけ「買いたい」と思わせることに、
あまり意味がなくなり、
  
広告やクーポンで一度だけ使ってもらったとしても、
そのあと続かないケースが増えています。
  
なんとなく、感じてらっしゃる方も多いのでは。
  

そこで、大事なのが、
  
「新しい商品ではなく新しい習慣を作る」こと。
  
要するに、
消費者は、
【「商品」ではなく「習慣化」を求めている】
ということを理解しておいたほうが良いということです。
習慣というものも結構難しいので、
「どうやったらリピートしてもらえるのか?」という考え方でもOKです。
  
商品を作る
→それを広告で世の中に伝える。
→その商品を使った「新しい習慣」をいかに提案するか?(リピートさせれるか?)
  
が、とても大事なわけなんですが、
  
商品を使った習慣が根付けば、その商品は長く買い続けてもらうことができます。
  
もちろん、
根付くためには、
コンテンツやコミュニティー、
報酬などなど、いろんな要素、工夫をおり交ぜて実施していく必要がありますが、
  
まずは、
「習慣化」ってどういうものがあるのか考えていきましょう。
  
例えば、
  
歯磨きをする習慣、
毎日シャンプーをする習慣、
ビールで乾杯をする習慣、
母の日や父の日にカーネーション(贈り物)を贈る習慣、
クリスマスには、クリスマスプレゼントを贈る習慣など、
  
考えつくだけでも、結構習慣化していることってあると思いますし、
今までの広告や企業によって、習慣化したものもあって、
その習慣に乗っかって販売しているものたくさんありますよね。
  
さらに、
既存の商品からも、
習慣化のアイディアはもらうことができて、
習慣というのは使っている人から生まれる