【6月の勉強会】①え?本当に消えた?7つのレビュー その手順を大公開 ②自社のレビューを無限に増やし続ける方法 ③知らないとまずい特商法 6月1日に改正 どうなる?どうする?

自社のレビューを無限に増やし続ける方法 え?本当に消えた?7つの悪いレビュー その手順を大公開 [To:923742]内山 千穂さんえ?本当に消えた?7つの悪いレビュー その手順を大公開 え?本当に消えた?7つの悪いレビュー その手順を大公開 【特商法が改正】どうなる今後のEC物販! 動画

【Amazonと物販の進化に追いつくためには?】

おはようございます!    内山ちほです。    最近、Amazonの進化がすごいですね~。 ・偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」をスタートしたり、 ・偽造品犯罪対策チームを発足したり、 ・ウーバーイーツのような会社に投資したり、 ・マーケットプレイス出品者の情報を使って、競合する類似商品を販売したと問題視され、 米当局もアマゾンの商慣行を巡り、独占禁止法(反トラスト法)に関する調査したり、 (これは進化じゃないか・・・) ・20億ドルの気候変動ファンドを立ち上げたり(ざっくりですみません) 結構いろんな動きをしています。    特に、偽造品犯罪対策チームに関しては、 「やっとですか・・・」 という声も多いのかなと。 (J-wireラジオで少し解説してますのでそちらももしよろしければ。)    と、Amazonも進化しているのですが、 物販の進化には気づいていますか?    特に、 最近よく思うのが、 広告を打って、 一回買ってもらって、 それでいいのか?    ということで、 本日は、「消費者が本当に求めているのは○○化」のお話をしようかと思います。    Amazonの広告などは、 ブランドのファンを作るような広告の打ち方は難しいので、 一回買ってもらって終わり。 という近い状態を作ってしまいがちですが、    今は、世の中が思った以上に、 違う流れとなっています。    まず、第一に、 消費者は、「商品」を求めていないんです。    というのも、 かつて、日本も、人口が右肩上がりの成長社会だったので、 商品を出せばある程度売れた時