【EC販売】LTV(顧客生涯価値)を伸ばす方法

本日は、EC販売をされている方へ向けて、ペルソナ設定の話からLTV(顧客生涯価値)を伸ばす方法について解説していきます! 「商品を作る時」「商品ページを作る時」などなど・・・ まず、自分の商品のペルソナ、設定してますか? やはり、どんなお客さんに刺さる内容にするのかで販売ページは全く異なってきます。 ペルソナ設定の仕方 ペルソナってよく聞くけど・・・どういうこと?って思っている方、まず、ペルソナとは・・・ あなたの製品やサービスの理想の顧客の人物像 です。 例えば・・・ 名前 :負けったー年齢 :100歳住所 :宇宙職業 :Youtuber年収 :300億万宇宙ドル(謎・・・)趣味 :ファッションショー興味関心 :健康的な食生活に興味あり悩み :仕事と家事に追われ、自分の時間があまりとれない欲求:とにかく新しいものが好き家族構成 :夫と娘と3人家族(え?)交友関係:火星に家族と友達がいる生活パターン :平日9時ー17時までお仕事、土日は休み性格:明るく、楽しい性格口癖:時は金なり! こんな感じで詳細に設定します。 ゴールは、 顧客が実際に動く姿をイメージできるまで細かく設定すること 実際に自社のサービスを買ってくれた人がいるのであれば、その人をモデルに考えるのがいいですね! 「名前まで設定する」とさらにイメージがわきやすいので、Goodです。 さらに、お客さんには色んな段階、層がいます。 その層に合わせても設定していくといいですね。 ①その商品が欲しい!明確層②その商品を知っている!顕在層③ベネフィットに興味はあるけど、商品を知らない!潜在層 そんな奥が深いペルソナで大事なことを動画で説明していますので、ぜひご覧ください! LTV(顧客生涯価値)を伸ばす方法 みなさんもお感じの通り、今は、ライバルが本当にたくさんいます。 以前のように、商品の白抜き画像、色展開やサイズ展開、使い方・・・などなど色々とただ載せている画像と、 ペルソナ設定に対して、 ・訴求ポイントを明確にし ・ペルソナが好むテイストで ・今の悩みからどんな未来が待っているのか など、さまざまな形で商品を表現をしている画像だったら、どちらが選ばれるでしょうか? そして、「購入前」お客さんにまずはひとつ手に取ってもらえるようには作っていると思うのですが、「購入後」お客さんが買った後についても考えてますか? そう、この「購入後」を考えた施策をすることによって、LTVを伸ばすことができるのです。 商材にもよりますが、お客さんがもう一個買おう!となるのはどんな瞬間? ということでお話していますので、一緒に学んでいきましょう!ぜひ見て下さいね☺↓↓↓ LTVを引き上げるためには、Amazonなどのモールだけじゃなく、自社ページやSNSも大事です。 モールのお客さんは、そのモールのお客さんなのです。もちろん最初の認知を得たり、スタートダッシュを切るために、さらには、売上を最大限拡大させるためには、大いに重要ですし、力を借りたほうが良いと思います。 ただ、いきなり手数料があがったら? ライバルが現れたら? Amazonから買った!ではなく、○○という自社のブランドから買ったと言われたい! 自社のブランドにどれだけファンをつけておけるか。 つまり、自社のページにちゃんと顧客という資産を構築できる仕組みを作っておくといいですよ☺ ECサイト制作などは補助金で作成することも可能です。興味のある方は、補助金についても見てみて下さいね! しかし・・・ Amazonやモールの変化は日々早いですね!! 最近では、出品者出荷(自社出荷)の際「返品無し返金」の設定なんてものもスタートし・・・ Facebook stores が始まったからかなー・・・ ショピファイもすごいしなー・・・ …

【Amazon販売の中で、自社リストを手間なく構築する方法】

ライバルと価格競争をしながら売り続けるのか、 積み上げ式で自社リストを構築するのか? まだ、こちらの対策を実施していない方、 ぜひご確認ください! こちらはAmazon販売のチャンネルになるので、 登録がまだの方、ぜひ「チャンネル登録」、 そして「いいねボタン」をぜひお願いします!

「レビューを大量に獲得する、無料ツール」が存在した!

今回はみなさんが気になるレビューを大量に獲得するための、 レビューリクエストツール 「Amazon Review Request Tool」 (googleクロム拡張機能)を動画で詳しくお伝えします。 これは使えます!ぜひご視聴ください! こちらはAmazon販売のチャンネルになるので、 登録がまだの方、ぜひ「チャンネル登録」、 そして「いいねボタン」をぜひお願いします!

Amazon Vine先取りプログラムは使うべき?

→使った方が良いです。 その理由について解説。 ■売れるために「レビュー」はやっぱり必要。 Amazonで新製品を発売しようとしている場合、古い製品の知名度と売上を上げる方法を探している場合、カスタマーレビューがAmazonでの売上を伸ばすための重要な要素であることはご存知でしょう。 過去には、多くの出品者は、出品商品レビューの数を素早く増やすために、受信者の商品レビューと引き換えに無料の商品を提供することを選択していました。 この戦略はいくつかの点では成功していましたが、このようなタイプのレビューは、肯定的な意見に偏ることが多く、偏った意見になる可能性があるため、顧客にとってあまり参考にならないという評判がすぐに広まりました。 この傾向のため、Amazonはポリシーを変更し、無料商品と引き換えに受け取った商品のレビューを禁止することを決定しました。 ■「レビュー」をつけることを認めている、Amazon Vineとは? Amazon Vineは、Amazonが作成・運営する商品レビュープログラムです。Amazonは