とんでもない嫌がらせ

クライアントさんがAmazonの他のセラーから
とんでもない嫌がらせをうけました。

Amazonの中の結構強いキーワードで
8位くらいだったのが先月初旬くらいに4位、
中旬くらいに、チョロチョロ1位を獲得していました。

やはり、ベストセラーを獲得して
狙ったキーワードで上位表示させると
やはり効果ありますね。

下記のように興奮した連絡をいただいておりました。
http://amazonseo.j-wire.info/image_amz/a_.png

もちろん、僕も興奮、、、
そのときは凄く嬉しかったです。

しかし、その後、数日で事件が起きました。

なんと誰かにバリエーションを解体されてしまいました。
(カテゴリまで変えられてしまっていました)
今までベストセラーだったのが
なんとランクも急降下!

犯罪行為ですよね。
正直、悔しかったです。
(あまりにも悔しかったので、少しだけブラックSEOを教えちゃいました。。。バシバシ仕返ししてほしいです)

今は、本当にたくさんの方が
Amazonで嫌がらせを受けています。
・悪いレビューされたり
・開封されずに返品されたり
・カタログかえられたり
現在、こういった嫌がらせの対策も
ビジネス力となってきています。

効果的な対策は、なかなか出ていませんが
やはり何回もAmazon自体に
事件がおきたら連絡いたほうがいいですし、
事件がおきる前に、事前に連絡れといたほうがいいです。
(ビックキーワードで上位表示されてきたら、
嫌がらせがあると思ってください)

悪いレビューが入ったら誰がレビューいれたか?
特定するようにしてください。

また、返品してきた人も必ず特定するようにしてください。
新品のママ平気で返品してきます。
必ずAmazonに報告するようにしてください。

自社商品に相乗りしてきたときは
すぐに追い出してください。
すぐに気づくようにしてください。
とにかく自分の商品を守るように気をつけましょう。

今のAmazonであればホワイト(スポンサープロダクト)
だけでも十分勝てます。
多少の小手先のテクニックを使って
しっかり王道をやれば十分上位表示され
大きな売り上げにつながります。
犯罪を犯して