自社カタログで相乗りされてしまった時は、

相乗り出品。
昨日お客様から
相乗りされてしまいましたと
相談がありました。

相乗りする側からすると
商品カタログ作成不要
画像加工も不要
と、本当に便利なAmazonですが、

相乗りされる側からすると
「あ、ちくしょう!」と
思ってしまいます。

特に最近中国から商品を仕入れて
日本Amazonで出している方、
そして、ブランド登録を行っていない方、

おそらく中国系の方と思われる方が
同じ商品を見つけて相乗りし、
価格を下げてカートを取得していますね。

ただ、ブランド登録をしていなければ、
特に追い出すことができないのも
Amazon。

これについては、
もうブランド登録する
としか恒久的な対策にならないので、

なるべくお早めに商標を取得し、
ブランド登録しましょう。

(ただ、ブランド登録しても、
追い出す行為をするのはAmazonではなく、
結局自分なのですが、、)

もし、商標取得まで
時間がかかる、
しかも商品がまだまだたくさんある
という場合は、

いったん商品を引き戻し、
ライバルが出せないような
商品に変更し、
少しでも差別化を図るように
した方が効果的ですね。

ご面倒ですが、
相乗りされると価格勝負になり、
価格ではおそらく現地仕入れの
中国系セラーの方が有利だと思われますので。

FBA納品で価格が安いセラーには
勝てないですね。

差別化の方法ですが、
セットを作ったり、
しっかりと日本語説明書をつけたり、
パッケージを作ったり、
といろんな対策がありますが、

大事なことは

お客様にとってあなたの商品を
選ぶ理由になっているかどうか

ですね。

ただ、これも
完全なる対策ではなく、

極端な話、
自分はセットを作って出品しても
ライバルが単品で相乗りしても、

商品を受け取ったお客様が
「違う商品です」と言わないと
そのまま取ってしまうので、

やはり、しっかりと
商標を取得し、
ブランド登録した方が良いですね。

今後、自社カタログを扱う方、
ブランド登録は必須になってくると思います。

ブランド登録すると、
ヘッドライン広告を打てたり、
ストアフロントを変更できたり、
Amazon内でできることも
広がりますね。

■追伸1
いよいよホリデーシーズン。
物が売れます。

物が売れる仕組みを知っていると、
この時爆発的に売ることができます。

例えば、売れる場所に
しっかりと広告を設定する、とか

市場を見ていると、
まだまだ広告がうまく表示されていない部分
意外とありますね。

続きはLine@で↓
【AmazonSEO/PPC広告 Line@個別相談室】

今Line@に登録すると、
・Amazonで長期的に売れ続けるマーケティング動画 (60分)
・トップセラーだけが使う秘密のリンク動画(8分)
・90%以上のアマゾンセラーが知らないAmazon広告徹底解説書
を期間限定、無料でお渡しします。

また、本格的に相談したい方は
オンライン相談会も開催しております。

こちらも期間限定となっておりますので、
お申し込みの際は、お早めにお願いします。

■追伸2
AmazonSEO/広告設定がわからない、という方
下記コミュニティで質問をどうぞ。
他の方の投稿も確認できます。

あなたがどうしても迷っている問題は
知っている人からすると
実は既に解決済みの問題で
一瞬で解決するかもしれません。

【AmazonSEO/PPC広告 学習コミュニティ】
今なら「無料」で登録できます。

■追伸3
「自社商品を扱っているけれども、検索してもなかなか上位に表示されず、お困りの方」
「広告を打っているけれども、売上に繋がらない、ACOSが高くて困っている方」を対象とした
特別オンライン個別相談会を開催します。

【たった2か月で月商300万円から月商1,000万円まで変わったAmazon