【SP広告の広告費が高騰しているために外部広告を考えている皆様へ】

こんばんは、
内山ちほです!

ねぇ、みなさん、

「コロナ禍」

この読み方、知ってました?

うず・・・
まさか、な、なべ・・・!?

なんて思っていたのですが、

「ころなか」

だそうです。全然知らなかった。

なんだかみなさん当たり前のように言ってるようなのですが、
知らなかったの私だけかな・・・

知らなかった人、こっそり教えてください。

さて、今週末は、
ZOOMの勉強会があります。

参加される皆様、どうぞよろしくお願いいたします^^

そのための資料をせっせと作っていたのですが・・・

知らない=生き残れない時代が到来するなぁ。
とすごく感じました。

その上で、

本日伝えたいことは3つ

◆広告によって客層が異なることをしっかり理解すること

◆どんなに頑張ってもやっぱり最後には○○力

◆おまけ(米国Amazonの新着情報)

の3本立てでお送りします。

ぜひ、お付き合いください^^

最近、私の方からは米国Amazonの動向や、補助金、国の支援策など
みなさんのお役に立てる情報を配信したい!!
と情報収集が大好きな私は、
色々と調べたり、
せっせといろんなコンテンツを読み漁っているのですが、

オンライン化が急速に進む今、
Amazonだけではなく、
「広告をマスターする」
ということは、
とっても大事な要素となってきます。

しかもこの広告、
アップデートが激しいんですよ・・・

個人情報保護や、
情報流出、ハッキングなどが多いため、
Googleは3カ月に一回アップデートする。
と言われているほと。

ですので、情報はしっかりと取得しておくことが大事ではありますが、

まずは、絶対外してはいけない

◆広告によって客層が異なることをしっかり理解すること

◆どんなに頑張ってもやっぱり最後には○○力

ちょっと大きい枠にはなりますが、
この2点は理解して、
色々な広告に取り組まなければ、
方向性がずれてしまうので
本日はそのお話をしたいと思っています。

まず、
1個目
◆広告によって客層が異なることをしっかり理解すること

SP広告の客層って
考えたことありますか?

基本的は、
「顕在顧客」
といって、商品を知っていて、
他社も含めて検討段階に入っている客層です。

キーワードで検索している時点で、
その商品に興味がある。または欲しいと思っている可能性が高いですよね。

では、
最近のSP広告の広告費高騰などを理由に、
他の広告も検討している皆さん、

「Google広告」や「Facebook広告」って
どういう顧客層が多いと思いますか?

それは・・・

「潜在顧客」
商品を知らない、ニーズがあるかどうか不明

「準顕在顧客」
ニーズはマッチしているが、商品が検討に入っていない

こちらのふたつになります。

もちろん、
Googleの検索ネットワークですと、

ビッグワード
ミドルワード
スモールワード
で購買意欲が変わるので、
すべてが潜在顧客でもないし、顕在顧客でもないです。

ということは、
同じ商品を売っていても、

SP広告、
Google広告、
Facebook広告など・・・

同じように見せてはダメなんです。

顧客によって見せ方(LPなど)を変える必要があります。

そういう意味では、
SP広告はとっても簡単で分かりやすい広告ですよね。

欲しいと思われるお客さんに商品ページを見せて、
買われるか、
買われないか。

というシンプル構造。

もし見ら