【知らないとまずい】補助金では○○に気をつけなければいけない

こんにちは。田代です。 いよいよ補助金がスタートしました。 ご存知の通り、567の感染拡大の懸念を受け、 経済の冷え込みが予想されるので、 いつもは後回しにしているけど、 今回は申請を真剣に考えよう。 と思っている方もいると思います。 567の影響で売上が落ちている方も 一定の条件を満たす場合は加点となるようなので、 ぜひ活用していきましょう。 さて、この補助金ですが、 やっぱり大事なのは、 事業内容の企画。 ①「次、何をやるの〜?」(新規性)という部分と ②「それって実現性あるの〜?」(実現可能性)という部分。 ここをしっかりと書いて、 わかりやすく伝える必要があります。 ①「次、何をやるの〜?」(新規性) という部分については、 1)今何に困っているのか? 2)今後どうしていきたいのか? を細かく考えてみましょう。 1)今何に困っているのか? おそらく、ほとんどの方の悩みは ・売上が下がっているから、上げたい ・利益率が下がっているから、上げたい のどちらか、あるいは両方になると思います。 ここで考えなければいけないのは まず、売上が下がっていることと 利益率が下がっていることをいったん分けて考えること。 売上が下がっている理由は、 ・競合が自分よりも良い商品を出してきた ・なんらかの理由で自分の商品の価値が下がってしまった ・自分の商品の露出が減って、認知されなくなった などが挙げられます。 こうやって理由を考えた後、 解決方法!といきたいところですが、 もう一歩踏み込んで考えます。 根本的な原因は何か? ・競合が自分よりも良い商品を出してきた →なんで競合は良い商品を出せるようになったのか ・なんらかの理由で自分の商品の価値が下がってしまった →なんで自分の商品価値が下がってしまったのか ・自分の商品の露出が減って、認知されなくなった →なんで商品の露出が減ったのか 根本的な原因をとにかく考えて深堀します。 この作業がは非常に重要です。 なぜなら、この深堀ができると、 次の解決方法が明確で具体的になるからです。 そして、 ここからが重要なんですが、 具体的な方法は、 「補助申請の対象となっている経費」 を選択すること。 補助対象となっていない解決方法を実施しても、 …

スポンサープロダクト:キーワード除外を迷う時に知っておきたい3つの考え方

この記事の対象の方 Amazonの広告メンテナンスをする上で「キーワード除外を迷う時に知っておきたい3つの考え方」というテーマについて解説していきたいと思います。 現在、弊社では広告のコンサルやアカウント運用をさせていただいているんですが、多くの方からうける質問なので取り上げました。 今日お話しする内容はめちゃめちゃシンプルなので、 正直今日から実践できる内容だと思います。 この内容を続けていっていただければ、 無駄なキーワードはどんどん 除外できるようになるのはもちろんですが、 今までは、見逃していた 「実はよい働きをする優秀なキーワード」 も見つかることもあります。 ぜひ、除外について迷っている方、広告費がかかりすぎている方、広告費がかかっている割には売れない方は、最後まで読んでいただだけたらと思います。 さて、本日のテーマ「キーワード除外を迷う時に知っておきたい3つの考え方」シチュエーション別にお話していきます。 ①クリック20回以上でコンバージョンが0のシチュエーション ②クリック50回でコンバージョンが1のシチュエーション ③クリック20回未満でコンバージョンが0のシチュエーション ※ちなみにコンバージョンとは、成約の意味ですよね。 よく出てきますので覚えておいてください。 「 ①クリック20回以上でコンバージョンが0」の時、 まず一つ目のシチュエーション 「クリックされているけど売れてないキーワードの場合、どうするか? 結論からいうと、 「除外する」「除外しない」 の判断は商品とキーワードが「関連する」「関連しない」で判断してください。 例えば、 タブレットスタンドを販売し、広告を設定している時、 41回クリックされて、1回も購入されていない時です。 この状態で、見るべきは キーワードが商品と関連性があるかどうかです。 「タブレットスタンド」 「タブレット 充電器」 関連性はありますか?ありませんよね? 関連しない物は「除外」していきましょう。 一方でこんなケースもみたことがあると思います。 「タブレットスタンド」を販売していて 「タブレットスタンド」のキーワードで20回以上クリックされていて、 コンバージョンが0のとき、 めっちゃ迷いますよね。 だってそのもののキーワードじゃないですか。 これで売りたいのに売れない場合、 どうしたら良いか迷いますよね。 僕も迷いました。 この場合は、いきなり除外するのではなく、 まず、クリック単価を下げてみましょう。 今設定しているクリック単価の 5%〜10%下げてみて、1週間後に様子を見て、調整する。 見るところは クリック数とコンバージョン。 もしコンバージョンが起きている場合、 そのクリック単価で様子をみてみましょう。 もしコンバージョンが起きてない場合、 もっとクリック単価を下げていきましょう。 これを実施すると、 関連するキーワードでもコンバージョンにつながらない場合は、 …

9割以上のセラーが売上をあげるために必要な〇〇

========================================================== 3日間で売上アップを実感できる 【Amazon広告完全マスター 実践セミナー&説明会(東京・大阪開催)】 https://www.j-wire.info/seminar/seminar.amp.html ※満員御礼のお知らせ 3/8 14:00~ 東京 3/15 10:00~ 大阪 3/15 14:00~ 大阪 定員に達しました。お礼申し上げます。 ありがとうございます。 ========================================================== 売れ行きがどんどん伸びています。 やはり、広告、 特にスポンサープロダクトは間違いないですね。 それもそのはず、 売れる場所に売れる商品を売る。 この原則を守っているからです。 そして、これに加え、 もっと大事なこと、 それは、 「先にやる」ということ。 9割以上のセラーがここを理解していません。 広告が重要です。 そんなことわかっている、 だけど、まだ設定していない、 もうみんな設定しているから無駄だと思っていませんか? 実は、広告が甘いところってたくさんあります。 例えば、Amazonで「ビンゴ」って検索してみてください。 検索したら、どんな広告が出ていると思いますか? ビンゴゲームで使うビンゴマシーン? ビンゴゲームで使うビンゴカード? なんと、広告掲載3番目に 「松坂牛」が ↓↓ http://buzzlogic.site/image_amz/bingo.PNG 「ビンゴ」で「松坂牛」が出てしまう、 おそらくオートだと思いますが、 少なくとも「ビンゴ」については、 広告が甘い、ということがわかります。 なぜなら、「ビンゴ」と検索している人は 「ビンゴ」に関する商品が欲しく、 景品である「松坂牛」を求めていないカラです。 (「ビンゴ