【知らないとまずい】補助金では○○に気をつけなければいけない

こんにちは。田代です。

いよいよ補助金がスタートしました。

ご存知の通り、567の感染拡大の懸念を受け、
経済の冷え込みが予想されるので、

いつもは後回しにしているけど、
今回は申請を真剣に考えよう。
と思っている方もいると思います。

567の影響で売上が落ちている方も
一定の条件を満たす場合は加点となるようなので、
ぜひ活用していきましょう。

さて、この補助金ですが、
やっぱり大事なのは、
事業内容の企画。

①「次、何をやるの〜?」(新規性)という部分と
②「それって実現性あるの〜?」(実現可能性)という部分。

ここをしっかりと書いて、
わかりやすく伝える必要があります。

①「次、何をやるの〜?」(新規性)
という部分については、
1)今何に困っているのか?
2)今後どうしていきたいのか?

を細かく考えてみましょう。

1)今何に困っているのか?
おそらく、ほとんどの方の悩みは

・売上が下がっているから、上げたい

・利益率が下がっているから、上げたい

のどちらか、あるいは両方になると思います。

ここで考えなければいけないのは
まず、売上が下がっていることと
利益率が下がっていることをいったん分けて考えること。

売上が下がっている理由は、
・競合が自分よりも良い商品を出してきた
・なんらかの理由で自分の商品の価値が下がってしまった
・自分の商品の露出が減って、認知されなくなった
などが挙げられます。

こうやって理由を考えた後、
解決方法!といきたいところですが、

もう一歩踏み込んで考えます。
根本的な原因は何か?

・競合が自分よりも良い商品を出してきた
→なんで競合は良い商品を出せるようになったのか

・なんらかの理由で自分の商品の価値が下がってしまった
→なんで自分の商品価値が下がってしまったのか

・自分の商品の露出が減って、認知されなくなった
→なんで商品の露出が減ったのか

根本的な原因をとにかく考えて深堀します。
この作業がは非常に重要です。

なぜなら、この深堀ができると、
次の解決方法が明確で具体的になるからです。

そして、
ここからが重要なんですが、

具体的な方法は、
「補助申請の対象となっている経費」
を選択すること。

補助対象となっていない解決方法を実施しても、
「それ、対象じゃないじゃん。」
となってしまい、補助金の活用ができないからです。

例えば、補助金の申請書を読み込むと、
同じ広告費でも
・対象となる広告費
・対象とならない広告費
があります。

例えば、、
=========================================================
・補助金交付開始日から広告設定したキャンペーンじゃないと、補助の対象とならない
・広告費に使った分として、請求明細が出ないと補助の対象とならない。
=========================================================
など、

知らないとせっかく事業を実施しても
補助対象外となる可能性もあるので
お気をつけください。

ではまた!

You may also like...