J-wire株式会社

AmazonSEO:競合(ライバル)の考え方

どんな市場にもライバルが存在します。
そんなライバルに悩む方に、少しでも参考になれば幸いです。

=====================================
ライバルが多い、少ない、その判断方法は?
ライバルの考え方について。
=====================================
そんな方々にぜひ読んでいただきたいです。

AmazonSEO対策する上で気になるのがライバル。
当たり前ですが、ライバルが少ない市場の方が良いですね。
できるだけ需要があって供給が少ない市場を狙っていきましょう。

とは言っても目を凝らさない限り、なかなか見つけられません。
基本的に自分の狙った市場には、ライバルが存在すると考えてください。

大事なことは、その市場で自分はライバルに勝てるかどうか。
もっと言うと自分はその市場であれば、
どのくらいなポジションをとることができるかが、
非常に重要となります。

競合(ライバル)を知りましょう。
ライバルを知ることが非常に重要です。

①自分の狙った市場で検索して、どのくらいライバルがいるのか眺めてみる
Amazonでは検索すると検索キーワードに関連性のある商品が並びます。
ここに自分の商品が掲載されることを想像してください。

ただ、いきなり自分のページを作成しても、
ほぼこちらの上位に載ることはありません。

AmazonSEO対策をしていく必要があります。
Amazon様にヨイショしてもらうわけです。

そのヨイショも市場によってはかなり対策しないと上がらない市場と、
ちょっと行なうだけで上位表示される市場とあります。

その時に重要なのがライバルです。
市場で1番を取りたくて、
1番の人が1日100個売っているのであれば、
自分も100個売らなければいけません。

ではいきなり100個販売できるかと言うと、
よほど予算を持っている人でない限り
いきなり1日100個売っていくことは難しいと思います。

その場合、2番はどうか、3番はどうか、
と自分がこの人だったら勝てそうだな、
と言う市場を見つけてください。

この市場の見つけ方、
ベストセラーを狙える市場というのも実はあるのですが、
ここについてはまた後日お伝えします。

②ライバルの在庫数を確認し、自分も同じ数量を毎日販売する
 この人だ、というライバルを決めたら、徹底的に調べましょう。
 販売数量はもちろん、タイトル、ビュレット(商品特徴)
 商品紹介コンテンツ、レビューなど、
 とにかく調べて、参考にする。
 
 他の商売でも同じかもしれませんが、
 ライバルから学ぶことは本当多いので、徹底して行きましょう。

 ライバルの販売数量の確認方法について、こちらも後日お伝えします。

最後に、ライバルがいる、という状態をあまり悲観しないように。
ライバルがいるということは、売れるということです。
売れている、売れる市場だからライバルがいる。

もちろん甘い市場を見つけ、そこに参入することに力を注いだ方が良いですが、
いずれは甘い市場も甘く無くなります。

大事なことは、ライバルが入ってきても
負けないようAmazonSEO・PPCの力をつけることです。
頑張りましょう。

==============================================
簡易的なライバルチェックについては
下記KEYWORDTOOLで確認できます。
https://keywordtool.io/amazon

「Competition」がライバルの部分です。
■数字の見方
0 ライバルがいない
1 ライバルがいる
==============================================

おすすめ

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です