【広告レポートが日々教えてくれること】

こんばんはー!

先週、誕生日でした。
30歳になるあたりから・・・歳がいくつかわからなくなったのは私だけでしょうか。(汗

さて、誕生日といえば、
J-wireは10月に5周年を迎えます(^_-)-☆

いろいろと楽しすぎる企画などを考えていて、
毎日ニヤニヤしています。(〃艸〃)笑

個人事業主のときからを考えればもっと長いのですが、
日本の「企業の生存率」を調べてみると

1年後:40%
5年後:15%
10年後:6%
20年後:0.4%

となっているようで、その原因は・・・

販売不振   :69%
既往のしわ寄せ:13%
連鎖倒産   :6%
放漫経営   :5%
その他    :7%

売上の減少が最大の問題であることはわかりますが、販売不振も既往のしわ寄せも、ある日突然やってくるわけではありませんので、
日々どう対策していくのか、
J-wireも15%に入ったわけですが、
これを読んでくれている皆様も20年後の0.4%に入りましょうね!!

日々の広告メンテナンスもそうですが、日々のデータをみていくことはとっても大事です。

データといえば、

広告レポートということで、

広告レポートが日々教えてくれることについて考えてみます。

ただただACOSを見てるだけじゃーーーー売上はUPしません。

「お客様の購⼊⼼理を理解する
広告レポートを⾒ればそれがわかる」
by 内山剛臣

というように、
広告レポートはいろいろなことを教えてくれます。

今回は、
【カスタマーの検索キーワード】
についてお話していきますね。

カスタマーの検索キーワードって何?

というと、
【お客様が実際に検索した言葉】
なのですが、

もっというと、
【自分の商品を認識しやすい言葉】

この検索キーワードを見れば、
お客様が自分の商品をどう認識しているのかがわかります。

ということは、
こちらを見てみることで、

【自分の商品がお客様にどう見えているのか】

という見方をすることもできる。

たとえば、「自分の商品はおしゃれなペンケースだ!」
と思っていたとしても、

「ペンケース おしゃれ」
ではなく、
「ペンケース かわいい」
でクリックされていたりCVが起きているのであれば、

自分の商品(商品ページ)は かわいい と認識されているんだなということがわかります。

そうしたら、「おしゃれ」ではなく
「かわいい」に路線変更して、
もっとそれに特化していくこともできますし、

「ペンケース おしゃれ」
でどうしてもいきたいのであれば、
もっとおしゃれに見えるように商品ページの作り込みなどを行ったりすることもできますし、それでもCVが起こらないようであれば、そのキーワードは商品に合っていないからやめる。という判断もできます。


さらに次の仕入れでは、商品を改良することもできる。

どういうキーワードでインプレッションが起きるのかどうかは、広告設定も多いにありますが、
結構自分の認識がずれていることもあります。

自分の商品に合ったキーワードで、狙ったお客様がいる場所に、狙って広告を打つこと。

その自分の商品に合ったキーワードをデータで見て、見つけられるのがSP広告です。

さて、今一度、
広告レポートを開いてみてください。

【カスタマーの検索キーワード】
を見て、

自分の商品(商品ページ)とキーワードにズレがないか?
自分の商品はお客様にどう見えているのか?

をしっかり見て、
そのギャップをどう埋めるか?
を考えていきましょう!

ではまた!

You may also like...